エヴァゴジラピンボール

GRAPE REPUBLICがSDGsなスパークリングワイン「ピケット 2023」を発売開始

VOIX編集部 小川望海VOIX編集部 小川望海 公(gong)開 SDGs
GRAPE REPUBLICがSDGsなスパークリングワイン「ピケット 2023」を発売開始

搾汁後のブドウの果皮や種子を再利用して造ったSDGsなスパークリングワイン「ピケット 2023」を12月11日(月)に発売。グイグイ飲める低アルコールワインは年末年始のパーティに最適

750㎖ボトルにリニューアルして3年連続リリース

山形県南陽市に醸造所をもつGRAPE REPUBLIC(株式会社グレープリパブリック、所在地:山形県南陽市)は、ワイン醸造で出る搾汁後のブドウの果皮や種子を再利用してつくったスパークリングワイン「ピケット 2023」を12月11日(月)に発売します。本来破棄されてしまうブドウをできる限り使いきろうという思いから製造を開始したもので、3年連続のリリースになります。アルコール度6.5%で気軽に飲める一方で、原料由来のアロマの豊かさと、フレッシュなブドウの酸にGRAPE REPUBLICらしさがしっかりと現われた辛口のスパークリングワインです。入門編的ワインとして低アルコールを好む層にも楽しんでもらえます。
  • URL:
  • Instagram:

目次

  • 制作背景|SDGsで低アルコールなスパークリングワイン
  • 「ピケット 2023」の特徴
  • 商品概要
  • ソムリエのコメント|サローネグループ エグゼクティブ ソムリエ 野田俊輔
  • 醸造責任者のコメント|GPARE REPUBLIC 醸造責任者・矢野陽之
  • 製造スケジュール
  • 会社紹介|GRAPE REPUBLICとは

制作背景|SDGsで低アルコールなスパークリングワイン

ピケット(Piquette)とは、ワイン醸(niang)造で出た搾(zha)汁後のブドウの果皮や種子に水を加(jia)えて再発酵(jiao)してつくったワインです。フランス語の「piquer(刺す)」が語源にあり、諸説ありますが、ピリっとした味(wei)がすることからその名がついたともいわれています。

もともとはワインを醸造する生産者(zhe)が、搾り終(zhong)わったブドウを再利用し、自分(fen)たちで飲むためにつくっていたそうです。しかし、ワインに比べると質は落ちるため「質の悪いワイン」の代名(ming)詞(ci)として揶揄されることもありました。なおフランスでは、1907年に粗悪品(pin)が横行したことなどを受けてピケットの製造が禁止され、今でもその法律は引(yin)き継がれています。

しかし、アメリカなどワインの法律が異なる国では製(zhi)造可能で、近年はSDGsの観点や低アルコール飲料のニーズと相(xiang)まって醸造を始める生産者(zhe)が増えてきています。

GRAPE REPUBLCでは、ニュージーランドの醸造家で弊社アドバイザーでもあるアレックス・クレイグヘッド(Alex Craighead)氏(shi)がピケットをつくっていたことがきっかけで、2021年(nian)から製造をはじめました。もともと搾汁後のブドウの果皮(pi)や種子の再(zai)利用を模索していたこともあり、できる限り素(su)材を使いきりたいという考えのもと2021年(nian)に醸造を開(kai)始(shi)しました。

SDGsな低(di)アルコールワインでありながらも主力品種でもあるデラウェアなどの生食用品種に由(you)来するアロマの豊(feng)かさに、フレッシュなブドウの酸(suan)(suan)も感じられるGRAPE REPUBLICらしさがしっかりと現われた辛口のスパークリングワインです。無(wu)清(qing)澄、無(wu)濾過、酸(suan)(suan)化防止剤等その他(ta)の添加物は不使用です。

「ピケット 2023」の商品画像。「ピケット 2023」の商品画像。

「ピケット 2023」の特徴

①フレッシュな酸が味わいの特徴

搾汁(zhi)後(hou)のブドウの果皮(pi)や種子に水を加えただけのワインであるピケットは、酸化(hua)に弱く酸っぱい味になりやすいものです。古く「質(zhi)の悪いワイン」といわれてきたのもそのためです。しかしGRAPE REPUBLCの「ピケット 2023」は、発酵中にパンチダウン(ピジャージュ、櫂入(ru)れ とも)を頻繁に行(xing)い、発酵終(zhong)了後(hou)も瓶詰をすぐに行(xing)うことでできる限り酸化(hua)を抑え、フレッシュなブドウの酸をもったピケットに仕上がりました。

②750㎖瓶入りでワインスタイルで楽しむ

過去2年のピケットは330㎖のスタイニーボトルで販(fan)売(mai)してきましたが、今回から750㎖のボトルに詰めて販(fan)売(mai)ています。よりブドウ本来の香りやワインであることを感じながらグラスで飲んでもらいたいという思(si)いから、他(ta)のワインと同じボトルを採用(yong)しています。

完成したばかりの「ピケット 2023」。完(wan)成したばかりの「ピケット 2023」。

「ピケット 2023」の商品画像。「ピケット 2023」の商(shang)品(pin)画像。

商品概要

「ピケット 2023」(Piquette 2023)

  • 定価 1,485円(税込)
  • 発売日時 12月11日(月)正午
  • タイプ 果実酒(発泡性)①
  • 生産者 GRAPE REPUBLIC
  • 生産地 山形県南陽市
  • ブドウ生産地 山形県産
  • ブドウ品種 デラウェア88%、ナイアガラ12%
  • アルコール分  6.5%
  • 内容量 750ml
公式オンラインショップでの販売URL

ソムリエのコメント|サローネグループ エグゼクティブ ソムリエ 野田俊輔

昨(zuo)今の報道(dao)と共に体感でも低(di)アルコールの需要(yao)を感じています。このピケットは通常の半分(fen)程のアルコール度数(shu)で、フルーツカクテルのような飲みやすさを感じていただけると思います。また、近年叫ばれるSDGsの観点からも、同じブドウから2回(hui)造るという点で、生産量当(dang)たりの廃棄量を抑えられるということも時代にフィットしています。

味わいに柑橘のような香りや炭酸(suan)の爽(shuang)やかさがあり口をスッキリさせるので、食(shi)中酒としてカジュアルなシーンで幅(fu)広くお楽しみいただけます。販売価格も抑(yi)えられ低アルコールな分(fen)、幅(fu)広い方(fang)の手に取(qu)って頂きたい新ジャンルの飲み物です。

☑味わいの考察

香(xiang)りには食(shi)用品種らしいキャンディ香(xiang)があり、砂糖漬(zi)けのオレンジピールが連想されます。

味わいは、製法からも大変ライトなボリューム。果皮と種周りのキュッとした酸味をしっかり取り込んでいるので、サッパリしていて、喉ごしが良いのも特(te)長(chang)です。炭酸もしっかりあり、爽やかに楽しめる仕上がりになっています。

☑温度や提供法の考察

炭(tan)酸の爽やかさが活きるように、極力(li)低い温(wen)度(du)からの提供(gong)がオススメです。 グラスは、温(wen)度(du)が上がりにくい小さめなものを選んでください。アルコールもやわらかく飲みやすいので、口が広めのコップで軽快に楽しんで頂くスタイルも良いでしょう。

☑料理の組み合わせ

ジューシーな油脂(zhi)のある揚げ物にワインの炭(tan)酸(suan)や飲(yin)み心地に合わせていきます。熱々の料(liao)理と冷たいワインのギャップを楽しみながら、ワインの甘酸(suan)っぱさや柑(gan)橘(ju)の香りを活(huo)かした料(liao)理と合せてみてください。

「ピケット 2023」にあわせたい鶏モモ肉の塩唐揚げ。「ピケット 2023」にあわせたい鶏モモ肉(rou)の塩(yan)唐揚げ。

「ピケット 2023」にあわせたい鱈チリ鍋。「ピケット 2023」にあわせたい鱈チリ鍋。

【料理との提案】

  • 鶏モモ肉の塩唐揚げ
  • 鱈チリ鍋(細切りにした針生姜をトッピング)
  • シンプルなペペロンチーノ(イタリアンパセリを散らす)

☑注意点

炭(tan)酸(suan)が抜けないように抜栓後はすぐに飲(yin)みきるようにしてください。また、低アルコールで酸(suan)化防(fang)止剤も不(bu)使用のため、熟成させずにすぐに飲(yin)んでください。

野田俊輔 プロフィール

新潟市出身。大阪の調理師専門学校在学中に研修兼アルバイトで働いたフレンチレストランでサービスに目覚め、卒業後は東京のフレンチレストランへ。2015年に、サローネグループに入社。2023年にサローネグループ エグゼクティブ ソムリエに就任した。

醸造責任者のコメント|GPARE REPUBLIC 醸造責任者・矢野陽之

日本ではあまり知られていないピケットですが、本来(lai)なら捨ててしまう搾汁後のブドウの果(guo)皮や種(zhong)子(zi)を再(zai)利用しているほか、アルコール度も低いことからも、日本のマーケットにあったワインだと思います。

ピケットは、ワインメーカーが身内で飲(yin)むために造ったのが起(qi)源です。農(nong)作業後に、働いている人(ren)に配っていたような、親しい人(ren)とともに気軽に飲(yin)むワインでした。

また2023年に造ったばかりの新(xin)(xin)酒(jiu)でもありますので、新(xin)(xin)年のお祝いで集まるときに飲(yin)むのにピッタリのお酒(jiu)でもあると思います。軽やかな発泡酒(jiu)ですから、一杯目の乾杯のお酒(jiu)として飲(yin)んでもらいたいです。

個(ge)人的には、原料(liao)由来(lai)のアロマがしっかりあるので、オリエンタルでスパイシーな料(liao)理(li)に合わせたいですね。ベトナム料(liao)理(li)のスイートチリソースで食べる生春(chun)巻や、スパイスカレーなどがおすすめです。

GPARE REPUBLIC 醸造責任者・矢野陽之GPARE REPUBLIC 醸造責任者・矢野陽之

矢野陽之 プロフィール

1989年(nian)、神(shen)戸(hu)(hu)市出身。調理師(shi)学(xue)校卒業(ye)後(hou)に神(shen)戸(hu)(hu)市のイタリアンレストランに勤務。ソムリエの資格取得後(hou)、イタリア、オーストラリア、ニュージーランドに渡(du)り、ブドウ栽培、ワイン醸(niang)造(zao)を学(xue)んだ。ニュージーランドでは、GRAPE REPUBLICのアドバイザーでもあるAlex Craighead(アレックス・クレイグヘッド)氏(shi)に師(shi)事。2018年(nian)、「GRAPE REPUBLIC」に参画するため帰国し、山形県南陽市に移住(zhu)。2019年(nian)から醸(niang)造(zao)責任者に。

製造スケジュール

「ピケット 2023」(2023年収穫)

ピケットの原料になるデラウェア。

ピケットの原(yuan)料になるデラウェア。

A

8月27日 デラウェア100%を除梗、プレスし終わった搾りかすを樹脂(zhi)タンクに入(ru)れて、水を加(jia)えて発酵(jiao)

9月1日 再(zai)プレスし、ステンレスタンクで熟成

9月14日 1500ℓのステンレスタンクに滓(zi)引き

B

9月(yue)2日 デラウェア100%を除(chu)梗、プレスし終わった搾りかすを樹脂タンクに入れて、水を加(jia)えて発酵

9月7日(ri) 再プレスし、ステンレスタンクに移し熟(shu)成

9月14日 1500ℓのステンレスタンクに滓引き

C

9月8日 デラウェア64%、ナイアガラ36%を除梗(geng)、プレスし終わった搾りかすを樹脂タンクに入れて、水(shui)を加えて発酵

9月13日 再プレスし、ステンレスタンクに移し熟成

9月(yue)22日(ri) 1500ℓのステンレスタンクに滓(zi)引き

 

10月6日(ri) 再度、1500ℓのステンレスタンクに滓引(yin)き。ブドウジュースを戻し入(ru)れ瓶詰

樹脂タンクに入れた搾りかすを脚で押し潰して発酵を促す。樹脂タンクに入(ru)れた搾りかすを脚で押し潰して発酵を促す。

瓶詰されたばかりの「ピケット 2023」。今回から軽量化されたボトルを採用している。瓶(ping)詰されたばかりの「ピケット 2023」。今回から軽(qing)量(liang)化されたボトルを採用している。

会社紹介|GRAPE REPUBLICとは

GRAPE REPUBLICは、土(tu)地(di)ごとの気候(hou)、地(di)勢、土(tu)壌(rang)のみならず、そこに暮らす人や、人々が育(yu)んできた文化(hua)を含めた「テロワール」という概念を第一(yi)に考えたワイナリーです。山形県南(nan)陽市に、2017年に醸造(zao)所を設立して以来、一(yi)貫して“Made of 100% Grapes”という言葉を掲げてワインを造(zao)り続けています。ブドウ以外のものを使わず、ワインを造(zao)るという意(yi)味で、醸造(zao)の過程(cheng)で、酸化(hua)防(fang)止剤は使用(yong)せず、補糖や補酸も行わず、酵母(mu)は天(tian)然のものだけにこだわっています。

この姿勢は、ワインの原料になるブドウの栽培においても一貫しており、南陽市や置賜地(di)域の風土(tu)を生かして作られたワイン用ブドウを第一に、自(zi)社畑では除草剤(ji)や殺(sha)虫剤(ji)をはじめとする農薬等は使(shi)用せず、有機栽培を行っています。

搾汁後のブドウの果皮や種(zhong)子は、本来(lai)産業廃棄物として処理されますが、GRAPE REPUBLICでは、山形県内のバイオマス発電所に渡して再(zai)利用をしてもらっています。バイオマス発電とは、動植物などを原料とし、燃(ran)焼・ガス化することで発電する方法です。

また「ピケット 2023」で一(yi)部のブドウで再利用したほか、都内のチーズ工房と連携して搾汁後のブドウの果皮や種(zhong)子に漬け込んだチーズを試作するなど、出来る限り再利用をできる方法を模(mo)索(suo)しています。

今(jin)回の発泡性ワインのボトルの軽(qing)量化も輸(shu)送(song)負荷(he)を低減させるものでもあります。1瓶当たり300g以上軽(qing)いボトルを使(shi)うことでケース注文の場合4㎏ほど軽(qing)くなる計算です。燃料が高(gao)騰している現在(zai)、こうした取り組みにも価値があると考えています。

とくにGRAPE REPUBLICでは、なるべく低介入でワイン造りをすると温度管理(li)のためエアコンで多くの電力を使います。そのためいくらSDGsに配慮した取(qu)り組(zu)みをしても、矛盾したものに見えるかもしれません。しかし次の世代に繋げていく取(qu)り組(zu)みを少しでもしていくことは、ワイン産業(ye)全体を未来(lai)に繋ぐことになると、GRAPE REPUBLICは信じています。これからも持続可能なワイン造りに対(dui)して出(chu)来(lai)る限り取(qu)り組(zu)みをしていきます。

GRAPE REPUBLICの醸造所の外観。

GRAPE REPUBLICの醸造所の外観。

置賜エリアの風景。

置賜エリアの風景。

会社概要

  • 会社名:株式会社グレープリパブリック
  • 所在地:〒999-2205 山形県南陽市新田3945-94
  • 代表者:平 高行
  • 法人設立:2015年8月
  • URL:
  • 事業内容:ワインの製造
【お問合せ先】

株式会社グレープリパブリック

  • 広報担当:三ヶ山(みかやま)
  • 電話:0238-40-4130
  • メールアドレス:info@grape-republic.com

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投(tou)稿いただいたリリースは審査(cha)後(hou)、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料(liao)は完(wan)全無料(liao)です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
【SDGs について】   SDGs について
SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、「地球上の誰一人取り残さない」ことを基本理念として、2015年9月に国連に加盟する全ての国が全会一致で採択した、17のゴールと169のターゲットから構成された国際目標です。
2030年までの達成を目指して、国・自治体・企業や団体などがSDGsの目標およびターゲットとしてゴールを設定した「SDGs宣言」を策定および公表し、様々な取組みを行っています。 中小企業においても、社会的なSDGsへの取り組みに対する関心の高まりから、企業イメージの向上や新たな事業機会の創出につながりを見据え、多くの企業がSDGsへの取り組みを推進しています。
SDGsへの取り組みについて厳密な取り決めはないので、どこから始めどのように進めてよいかわからないと思います。 SDGsに取り組む方法やメリットやデメリット、中小企業での必要性など詳しくは「SDGs宣言の方法やメリット、許可や例文」で解説しています。
SDGsの目標や取り組み内容を決め、SDGs宣言を策定して公表することで対外的にアピールする方法については、「SDGs宣言の公表とアピール方法」で解説しています。
各企業ごとのSDGsへの取り組み状況の診断から進め方、SDGs宣言の策定、PR支援まで細かくサポートしてもらえる「SDGs支援サービス」を行っている金融機関も多いので、法人口座を開設している取引先銀行に相談してみるのも良い方法です。

VOIXもSDGsの取り組みを行っています。
【VOIX 人(ren)気の記事】

「SDGs宣言」を中小企業が行う方法とは
「SDGs私募債」のメリットとデメリットとは
サステナブルクレジットカード 特集
「エターナルペンシル」のおすすめは
「LGBT住宅ローン」のおすすめとは
日本での主な「ESG指数」を解説

イオンカードで映画が1000円になるイオンシネマ特典
ネットバンクの法人口座開設をおすすめする理由とは?
年会費無料 法人カードはどんな会社におすすめ?
中小企業におすすめの法人クレジットカード
最強の法人カード、究極の3枚。
副業におすすめのクレジットカード
請求書カード払いのメリットを比較
初心者におすすめクレジットカード 特集
年会費無料のクレジットカード 特集
ナンバーレス クレジットカード 特集
カードレス クレジットカード 特集
即日発行してすぐ使えるクレジットカード アプリ
ナンバーレスカードのデメリットとメリットを比較
イオンカード 入会キャンペーン
三井住友カードをお得に作れる入会キャンペーン 特集
三井住友カード ナンバーレス とは
プラチナプリファード キャンペーン
三井住友カード ゴールドを初年度無料で作る キャンペーン
JCBカード W キャンペーン 特集

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担(dan)当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部 小川望海

VOIX編集部 小川望(wang)海

VOIX編集部のライフ/SDGs担当ディレクターとして活動中。大手広告代理店に在籍していたこたともあり、情報感度には自信あり。
ページトップへ