エヴァゴジラピンボール

住信SBIネット銀行の法人口座が優秀である理由と審査落ちしやすい経営者の特徴

VOIX編集部VOIX編集部 更(geng)新 ネット銀行・ネットバンク
住信SBIネット銀行の法人口座が優秀である理由と審査落ちしやすい経営者の特徴

住信SBIネット銀行の法人口座が創業期やオンライン取引のビジネスに最適な理由

創業期のビジネスオーナーにとって、迅速かつ低コストでの金融サービスへのアクセスは成功の鍵です。NEO BANK 住信SBIネット銀行の法人口座は、このようなビジネスのニーズに応(ying)えるために設計された多くの特徴(zheng)を備えており、そのため創(chuang)業期の企業から高(gao)い人気(qi)を集めています。

住友SBIネット銀行

住信SBIネット銀行の法人口座をおすすめする理由

  • 申込書類が少なく固定電話不要
  • 申込後最短翌営業日から使える
  • 24時間365日口座開設可能
  • 新規口座に対し振込手数料無料の特典がある
  • 手数料が低く、口座開設費や口座維持費がかからない

固定電話不要で開設しやすい

最初に注目すべき点は、固定電話が不要であることです。多くの金融機関では法人口座の申込に固定電話番号が必須ですが、住信SBIネット銀行では携帯電話番号のみで申込が可能です。これは、オフィスを持たないスタートアップやリモートワーク中心(xin)のビジネスにとって大きな利点(dian)となります。

口座開設は最短翌営業日から

また、口(kou)座開設後は最短翌営業(ye)日から利用可能(neng)であり、ビジネスの迅速な開始をサポートします。新規口(kou)座開設者には振込(込)手数料(liao)無(wu)料(liao)の特(te)典も用意されており、初期の運営コストを大幅に削減できます。

24時間365日いつでもオンラインで申込可能

さらに、住信SBIネット銀行(xing)の法(fa)人口座開設は24時(shi)間365日いつでもオンラインで申込(込)みが可(ke)能です。時(shi)間を問わずに手続(xu)きができるため、ビジネスオーナーは自身(shen)のスケジュールに合わせて申込(込)を行(xing)うことができます。

当然、利用も24時間365日(ri)可能なので土日(ri)や深夜などにでも振込を行うことができます。

手数料が安く口座維持費や開設料はかからない

最後(hou)に、住信SBIネット銀行の手数(shu)料体系の透明性と低コストも重要なポイントです。口座開(kai)設費や口座維持費がかからず、振込手数(shu)料も非常(chang)に低いため、特に資金繰りが厳(yan)しい創業(ye)(ye)期の企業(ye)(ye)にとっては大きなメリットです。

口座維持費(月額) 無料
振込手数料 同行宛て(3万未満):無料
同行宛て(3万以上):無料
他行宛て(3万未満):145円
他行宛て(3万以上):145円

手数料シミュレーション(月間)

振込み回数20回の場合 1,450円(設立1年以上では最安)
振込み回数30回の場合 2,900円(設立1年以上では最安)
振込み回数40回の場合 4,350円(設(she)立1年以(yi)上では最安)

※振込(込)金額は3万円以上(shang)、振込(込)み回(hui)(hui)数は同一行(xing)(xing)(xing)宛(wan)て10回(hui)(hui)を含みます(例:30回(hui)(hui)の場合=同一行(xing)(xing)(xing)宛(wan)て10回(hui)(hui)+他行(xing)(xing)(xing)あて20回(hui)(hui))。

これらの特徴により、住信SBIネット銀行の法人口座は創業(ye)期のビジネスに最適(shi)な選(xuan)択肢として、多くの企業(ye)に選(xuan)ばれています。

VOIXではネット銀行を中心とした法人口座を比較した記事「法人口座開設におすすめのネット銀行を徹底比較/創業期の法人向け」がありますので気になる方(fang)はこちらもチェックして比較してみてください。

NEO BANK 住信SBIネット銀行の法人口座の手数料や料金をメガバンクと比較

住(zhu)信SBIネット銀行の法人(ren)口座の手数(shu)料(liao)や利用(yong)料(liao)金をメガバンクと比(bi)較してみます。

口座維持費(月額) 無料
振込手数料 同行宛て(3万未満):無料
同行宛て(3万以上):無料
他行宛て(3万未満):145円
他行宛て(3万以上):145円

手数料は全銀行でも最安基準

住信SBIネット銀行の法人口座は、その手数料体系で特に注目されています。振込手数料は同行への振込が無料で、他の金融機関への振込でも一律145円(税込)の低コストを実現しています​​​​。これに加えて、月額(e)基本料(liao)(liao)金(jin)(jin)は0円であり、総合振込手(shou)数(shu)料(liao)(liao)も無料(liao)(liao)です。これは特に、頻繁に資金(jin)(jin)移動(dong)が発生(sheng)するビジネスにとって大きな利点となります。

振込優遇プログラムによりもっと手数料が安くなる

住信SBIネット銀行の法人口座は、ビジネスに特化した様々な特典とサービスを提供しています。特に目立つのが、「振込優遇プログラム」です。このプログラムでは、他行宛ての振込件数に応じて振込手数料が優遇され、5回以上の振込で140円、20回以上で135円、50回以上で130円となります​​

さらに、新規口座開設特典として、口座開設(she)月の当(dang)月および翌月は振込(込)手数料が月10回まで無料になるという特(te)典もあります​​。

これらの特典は、特に頻繁に振(zhen)込(込)を行うビジネスにとって大きなメリットとなります。振(zhen)込(込)件数(shu)に応じた手数(shu)料(liao)の割引や、口(kou)座(zuo)開(kai)設初期(qi)の無(wu)料(liao)振(zhen)込(込)回数(shu)の提供は、資金移(yi)動(dong)のコスト削減に直結し、ビジネスの運営コストを低減させます。

メガバンクとの比較すると安さがわかる

対照的に、多くのメガバンクでは、ネットバンキングの月額利用料や振込手数料が高額に設定されています。例えば、みずほ銀行のネットバンキングの月額利用料は3,300円、他行あての振込手数料は3万円未満で490円、3万円以上で660円となっています​​。また、りそな銀行ではネットバンキングの月額利用料が7,700円、他行あての振込手数料は3万円未満で605円、3万円以上でも605円となっており、これらのコストは住信SBIネット銀行(xing)と比(bi)べて明らかに高額です​​。

コスト効率の高さ

このように、住(zhu)信SBIネット銀行の法人口(kou)座は、メガバンクと比較して顕著に低い手数料体系(xi)を提供しています。これにより、特に中小(xiao)企業(ye)やスタートアップ企業(ye)にとって、日々の運営コストを大幅に削減することが可能です。低コストでの資金移動は、ビジネスの柔軟性を高め、経済的な負担を軽減します。

24時間365日いつでも利用可能な法人口座

常時アクセス可能なサービス

住信SBIネット銀行の法人口座は、24時間365日いつでも利用可能です。この常(chang)時利(li)用可能なアクセス性は、特に国際的な取(qu)引を行う企(qi)業や、夜間や休日にもオペレーションを続ける必要がある企(qi)業にとって非常(chang)に重(zhong)要です​​。

ネット銀行として店舗よりネットでの取引に注力しているため、オンライン上で取引できる項目が多く、入出金、納税、振込等を即座に行うことができます。

24時間対応することで、国内外の取引におけるタイムゾーンの違いや緊急時の資金移動にも対応できます。また、土日祝日を含む平日夜間にも振込が可能であり、各種(zhong)金融機関への即時発(fa)信・即時入金サービスが利用(yong)できます​​。

住信SBIネット銀行法人用デビットカードが便利

現代のビジネスにおいて、資金の流れを迅速かつ正確に管理することは重要です。住信SBIネット銀行が提供する法人用デビットカードは、この点においてビジネスオーナーにとって強力なツールとなります。このカードは、口座開設と同時に提供され、カードによる決済は即時に口座から引き落とされ、残高にリアルタイムで反映されます。
法人クレジットカードと違って審査などはなく、クレジットカードと同様に使えるので便利(li)です。

デビットカードは還元率最大0.8%~で限度額も高い

利(li)用明細(xi)の確認は、スマートフォンやパソコンからいつでも可能で、リアルタイムで利(li)用通知(zhi)メールも届くため、支出管(guan)理(li)が手(shou)軽(qing)に行えます。この即(ji)時性(xing)と透明性(xing)は、資金管(guan)理(li)の効率化(hua)を実現し、経理(li)業(ye)務の負担を大幅に軽(qing)減します。

特に、創業期のスタートアップ企業においては、クレジットカードの審査が難しい場合もありますが、このデビットカードならば、残高の範囲内であれば1回または1日あたり1,000万円、1ヵ月あたり3億円までの範囲内で利用限度額とすることが可能です。
また、ポイント還元率は最大0.8%となっており、貯まったポイントは簡単に現金化できます。法人カードの相場としてポイント還元率(lv)は0.5%、利用限度(du)(du)額は100~300万円程度(du)(du)であることを考えると、かなり良いスペックだと言えます。

プラチナデビットカードは出張の多い方や利用の多い方におすすめ

更に上級のプラチナデビットカードでは、ポイント還元率1.0%に加え、旅行保険やモバイル端末の保険が自動付帯され、空港ラウンジも利用可能です。年(nian)会費が11,000円かかりますが、出張が多(duo)くカード利用が多(duo)い方にはおすすめです。

このように、住信(xin)SBIネット銀行の法人(ren)用(yong)デビットカードは、日(ri)常の経費支払(fu)いから国際取引まで、幅広いビジネスシーンで活用(yong)できる柔(rou)軟性と利便(bian)性を備えています。

住信SBIネット銀行法人口座の申し込みスピーディーかつ簡単なオンライン開設がおすすめ

住信SBIネット銀行の法人オンライン口座開設は、その迅速さで多くのビジネスオーナーに支持されています。最大の特徴は、最短翌営業日からの取引開始が可能であることです。これは、オンラインでの本(ben)人(ren)確認が完(wan)了すると、すぐに口座が利用可能になるためです。

登記簿謄本や印鑑証明書が不要で必要書類が少ない

このプロセスの簡素化は、特に書類の提出に関して顕著です。法人の代表者が取引担当者である場合、必要な書類は代表者の運転免許証のみで、登記簿謄本や印鑑証明書などの提出は不要です。スマートフォンを使用して本人(ren)確(que)認を行(xing)い、その後(hou)、カードの配送などの初期設定を行(xing)えば、ビジネスをすぐに開(kai)始できます。

記事:法人口座開設に必要な書類をネット銀行とメガバンクで比較。

携帯電話番号さえ登録すれば最短翌営業日から利用可能

さらに、口座開(kai)(kai)設時に携帯電話番号を登録し、スマート認(ren)証NEOを設定することで、最短で翌営業日からお振込みなどの取引が可能になります。このスムーズなプロセスは、ビジネスオーナーにとって、時間と労力の節約を意味し、ビジネスの迅速(su)な展開(kai)(kai)に貢献します。

メガバンクと比べると必要書類が少ない

住(zhu)信SBIネット銀行(xing)での法人口座開設(she)の審査プロセスは、メガバンクに比(bi)べて大(da)幅に簡素化されています。必要な書類は、基本的に代表者個人の本人確認書類が主に求められます​​​​。

これに対して、メガバンクでは履歴事(shi)項全部証明(ming)書(shu)、印(yin)鑑(jian)証明(ming)書(shu)、事(shi)業実(shi)(shi)態確認(ren)資(zi)料など、より多くの書(shu)類が必要です​​​​。この違(wei)いは、ネット銀行が手(shou)続(xu)(xu)きのデジタル化(hua)(hua)と合理化(hua)(hua)を進めている結果(guo)であり、顧客にとって手(shou)続(xu)(xu)きの簡素化(hua)(hua)が実(shi)(shi)現しています。

法人郵送口座開設もあり

住信SBIネット銀行では、法人郵送口座開設のオプションを提供し、2~3週間程度で開設を完了させることが可(ke)能(neng)です。この方(fang)法は、特に代表者(zhe)以外を取引担当者(zhe)として指定(ding)したい場合に適しています。

郵送による口座開設プロセスは、口座開設申込書と本人確認書類を郵送することから始まります。必要書類は事前に確認し、適切に準備することが重要です。書類が到着し、所定の審査を経て、約4~5営業日で関連カードが届けられます。

住信SBIネット銀行の法人口座開設は下記からどうぞ

住友SBIネット銀行

口座維持費(月額) 無料
振込手数料 同行宛て(3万未満):無料
同行宛て(3万以上):無料
他行宛て(3万未満):145円
他行宛て(3万以上):145円

手数料シミュレーション(月間)

振込み回数20回の場合 1,450円(設立(li)1年以上では最安)
振込み回数30回の場合 2,900円(設立(li)1年(nian)以(yi)上では最(zui)安(an))
振込み回数40回の場合 4,350円(設立(li)1年以(yi)上では最(zui)安)

※振(zhen)(zhen)込金額(e)は3万円以(yi)上、振(zhen)(zhen)込み回(hui)数(shu)は同一(yi)行(xing)宛て10回(hui)を含みます(例:30回(hui)の場(chang)合=同一(yi)行(xing)宛て10回(hui)+他行(xing)あて20回(hui))。

住信SBIネット銀行の法人口座は審査落ちしやすい?

ビジネスを始めるにあたって、法人口(kou)座の開設は重(zhong)要(yao)なステップです。特に創業(ye)(ye)期の企業(ye)(ye)にとっては、金融機関の審査が気になるところですよね。

住信SBIネット銀行の法人口座に関して言えば、むしろメガバンクに比べて審査落ちしにくいという印象があります。

VOIXでは審査のゆるい法人口座について調べた記事もあります。公式ホームページの文言(yan)やレビューの内容から「創業(ye)期や赤字」の企業(ye)でも申(shen)し込めそうな法人口座について調査しました。

審査基準の柔軟性

住信SBIネット銀行は、創業期や実績のない企業に対しても比較的開設しやすい姿勢を見せています。実際に、公式ホームページで「創業期でも法人口座が開設できる」と言及するなど、銀行(xing)側(ce)が積(ji)極(ji)的に新しいビジネスのサポートをしている様(yang)子が伺(si)えます。このような姿勢は、創(chuang)業期の企業にとっては非常に心(xin)強いですよね。

固定電話不要で手続きが簡単

また、住(zhu)信(xin)SBIネット銀行の法(fa)人口(kou)座開設には固定(ding)電(dian)話が不要で、携帯電(dian)話番号さえあれば申込みが可能です。これは、オフィスを持たないスタートアップやリモートワークを行う企業にとって大きな利点となります。

必要書類の少なさ

必要書(shu)類(lei)も大幅に少なく、基本(ben)(ben)的に本(ben)(ben)人(ren)確(que)認書(shu)類(lei)とスマホでの本(ben)(ben)人(ren)確(que)認があれば良いので、手続(xu)きが非常にシンプルです。携(xie)帯電話番号(hao)を登(deng)録(lu)することで、申込みの翌営業日から口座を利用することができ、ビジネスのスタートダッシュを支援します。

審(shen)査落ちした場(chang)合」どうするか

法人口座の審査に落ちた際、どのように対処すればよいのでしょうか。住信SBIネット銀行の法人口座審査に落ちた場合、基本的には2つの選択肢があります。一つは再チャレンジもう一つは他の銀行への申し込みです。

再チャレンジする場合はホームページと資料の充実が重要

再(zai)チャレンジを考えている場(chang)合(he)、まず重要なのはホームページの充実です。ビジネスにとって、ウェブサイトは顔(yan)とも言える重要な要素。具体的なサービスや商品を画像(xiang)や値(zhi)段付きで紹介し、プロフェッショナルで清(qing)潔感のあるウェブサイトを作成することが重要です。

さらに、取引の明細(xi)や見積書などがあれば、それらを提出しましょう。もし取引実績がない場合は、事(shi)業計画(hua)書をきちんと作成して提出することがポイントです。

他の銀行への申し込み

他の銀行に目を向ける場合、特におすすめなのがです。この銀行は、必要書類が少(shao)なく、固(gu)定電話がなくても申し込(込)めるため、創業(ye)(ye)したての企(qi)業(ye)(ye)にとって非(fei)常にアクセスしやすいです。公式ホームページにも、取引(yin)実績のない創業(ye)(ye)期(qi)の企(qi)業(ye)(ye)でも申し込(込)み可能であることが記載(zai)されています。

以上の点(dian)から、住信SBIネット銀(yin)行の法人口(kou)座(zuo)は、特(te)に創業期のビジネスにとって審査落ちしにくく、使い勝手の良い選択(ze)肢と言(yan)えるでしょう。スムーズな口(kou)座(zuo)開設プロセスは、新しいビジネスの発展に大いに貢献するはずです。

住信SBIネット銀行の法人口座開設についてまとめ

創業期のビジネスを運営しているあなたにとって、金融サービスの選択は非常に重要ですよね。今回ご紹介した住信SBIネット銀行の法(fa)人口座は、まさにそんなあなたのニーズにぴったり合う選択肢です。

固定電話がなくても大丈夫、携帯電話番号だけで口座開設が可能ですから、オフィスがないスタートアップでも心配(pei)無用です。

そして、なんといっても、最短翌営業日から口座を使い始められるスピード感は、ビジネスのスタートダッシュには欠かせません。初期の運営コストを削減(jian)するための振込手数料無料特典も、新規口(kou)座開設者にはとてもありがたいですよね。

また、24時間365日、いつでもオンラインで口座開設が可能で、その利用(yong)も同様にいつでもできるので、ビジネスオーナーの忙(mang)しいスケジュールに合わせやすいのも魅力です。

コストや手数料の面でも、住信SBIネット銀行は魅力的です。口座開設費や月額の口座維持費がかからず、他行宛の振込手数料も業界最安水準

さらに、振込優遇(yu)プログラムを利用すれば、手数(shu)料をさらに安く抑えることができます。これらの特徴が、特に資金繰りに悩む創業期のビジネスにとって、大きな助(zhu)けとなるはずです。

住信SBIネット銀行(xing)の法人口(kou)座(zuo)は、これらの特徴(zheng)により、創業(ye)期のビジネスにとって最適な選(xuan)択肢として多くの企業(ye)に選(xuan)ばれています。是非、あなたのビジネスにも住信SBIネット銀行(xing)を活用して、効率的かつコスト効率の高い運営を目指してみてはいかがでしょうか。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者(zhe)様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ