エヴァゴジラピンボール

預貸率とは?高いメリットやデメリットを事例に基づいて解説。また、預証率との違いも説明します。

VOIX編集部VOIX編集部 更(geng)新 公開 お金 ネット銀行・ネットバンク
預貸率とは?高いメリットやデメリットを事例に基づいて解説。また、預証率との違いも説明します。

預貸(dai)率(よたいりつ)とは、銀行が預金に対して貸(dai)し付ける割合を示し、金融機関のリスク管理(li)や経済成長への影響があります。高(gao)い・低(di)いことによるメリットとデメリットが存在し、日本では預貸(dai)率が低(di)い傾向(xiang)が見(jian)られる一方(fang)、ギリシャの金融危機では預貸(dai)率の急上(shang)昇が問題となりました。

本記事では国(guo)内外の事例(li)を見(jian)ながら預貸率(lv)について解説していきます。また、預証率(lv)(よしょうりつ)との違いについてもまとめました。

預貸率(よたいりつ)とは?

預(yu)貸(dai)(dai)率(または貸(dai)(dai)出率)は、金融機関が預(yu)金に対して貸(dai)(dai)し付(fu)けることができる金額の割(ge)(ge)合を指す重要な指標です。具体的には、銀行(xing)が預(yu)かった預(yu)金のうち、どれだけを貸(dai)(dai)し付(fu)けることができるかの割(ge)(ge)合を示します。

預貸率の計算

預貸(dai)率は以下の式で計算されます。

預貸率=総預金額/総貸出金額×100

預貸率の意義

預(yu)(yu)貸(dai)(dai)率は、金(jin)(jin)融機関の健全(quan)性やリスク管理の観点から重要(yao)とされています。預(yu)(yu)貸(dai)(dai)率が高すぎると、預(yu)(yu)金(jin)(jin)者(zhe)全(quan)員が同時に預(yu)(yu)金(jin)(jin)を引(yin)き出すような事態(tai)(バンクラン)に対処できなくなる恐れがあります。一方(fang)で、低すぎると、金(jin)(jin)融機関が収益を上げるチャンスを逃してしまうことになる可能性があります。

金融規制との関連

多(duo)くの国では、預貸率(lv)に対(dui)して一(yi)定の規制があります。これは、金融システム全体の安定を保つための重要な措置とされており、金融機(ji)関(guan)が適(shi)切なバランスを取るように促しています。

預貸率、英語でなんと言う?

預貸率(預金に対する貸出しの比率)は英語で “Loan-to-Deposit Ratio” や “LTD Ratio” と呼ばれます。この比(bi)率は、銀(yin)行が預かった預金に対してどれだけの貸し付けを行っているかを示(shi)す重要な指(zhi)標で

預貸率は、金融機関の健全性を評価するための重要な指標です。銀行が預金に対してどれだけ貸し付けを行っているかを示し、適切なリスク管理と収益性のバランスを取るために用いられます。規制当局もこの率を監視し、金融システムの安定性を保つ役割を果たしています。

預貸率が高いことのメリットとデメリット

預貸率が高いことのメリット

  1. 収益性の向上: 貸し付けによる利息収入は、銀行の主要な収益源の一つです。預貸率が高いということは、預金を積極的に貸し付けに回しているため、利息収益が増加する可能性があります。
  2. 経済成長の促進: 銀行の貸し付けが増えることで、企業の設備投資や個人の消費などが活発になり、経済成長を促進する役割を果たすことが期待されます。

預貸率が高いことのデメリット

  1. リスクの増加: 預貸率が高い場合、銀行は預金の大部分を貸し付けに回していることになります。そのため、不良債権が増えた際のリスクが高まる可能性があります。
  2. 流動性の問題: 預貸率が高すぎると、銀行が保有する現金や短期の流動資産が少なくなる場合があるため、急な資金需要に対応する能力が低下する恐れがあります。
  3. 信用審査の緩和: 預貸率を高めるために、信用審査を緩和することで、リスクの高い貸し付けが増加する可能性があります。この結果、将来的に不良債権の増加につながる恐れがあります。

まとめ

預(yu)貸率が高いことは、銀(yin)行の収(shou)益性(xing)(xing)の向上(shang)や経(jing)済成長の促進に寄与する一方で、リスク管理(li)や流動(dong)性(xing)(xing)確(que)保の面(mian)で慎重(zhong)な運用が求められます。銀(yin)行の経(jing)営戦略や市場環境(jing)に応じて、適切な預(yu)貸率を維持することが重(zhong)要となるでしょう。

日本の預貸率が低い理由と原因。低い事による弊害

日(ri)本の預貸率が低いとされる背景と、それが健全かどうかについて考察します。

日本の預貸率の状況。低い原因は?

日本では、長らくデフレ経済が続いており、企業や個人の借り入れ需(xu)要が低いとされています。また、銀行側も、貸し付ける先のリスクを避ける傾(qing)向(xiang)にあるため、預(yu)貸率(lv)は他の先進国に比べて低い傾(qing)向(xiang)にあります。

関連記事:日本の法人口座ネット銀行の手数料を比較

低い預貸率の意義

預貸率(lv)が低いことは、必ずしも健(jian)全でないというわけではありません。預貸率(lv)が低いということは、銀行(xing)が預金(jin)に対して貸し付けを控えている状態を示すため、以下のような側面があります。

  • リスク管理
    預貸率が低いと、銀行は預金に対して十分な現金を保有している状態であるため、突発的な預金引き出しに対しても対応できるとされます。
  • 経済成長への影響
    一方で、貸し付けが控えられることで、企業の設備投資や新規事業展開などの資金調達が抑制される可能性があり、経済成長のブレーキとなることも考えられます。

日(ri)本の預貸(dai)率が低いことは、金(jin)融機関のリスク管理の観点(dian)からは健全(quan)であると言えるでしょう。しかし、経済全(quan)体(ti)の成長促進や活性化の観点(dian)からは、貸(dai)し付けが控(kong)えられることは望ましくない側(ce)面もあります。

このため、預貸(dai)率の適(shi)切な水準(zhun)は、経済状況、金(jin)(jin)利政策(ce)、銀(yin)行のリスク管理方(fang)針(zhen)など多岐にわたる要(yao)因を総合的に考慮して判断する必要(yao)があります。政策(ce)当局(ju)と金(jin)(jin)融機関(guan)が連携し、バランスの取れた預貸(dai)率を維(wei)持する方(fang)針(zhen)が求められるでしょう。

預貸率の一般的な水準

預(yu)貸率の一般(ban)的な水(shui)準(zhun)(zhun)は、国や経済(ji)状況、金融政(zheng)策、銀行のリスク管理方針などにより大きく変動(dong)するため、一概に定めることは困難です。以下は、預(yu)貸率の水(shui)準(zhun)(zhun)に影(ying)響を及(ji)ぼす主要な要素と、一般(ban)的な範囲についての説明です。

影響要素

  1. 経済状況: 経済が活況の場合、企業や個人の借り入れ需要が高まり、預貸率が上昇することが多いです。
  2. 金利政策: 金利が低いと、貸し付けの利益が減少するため、銀行が貸し付けを控えることがある。逆に金利が高いと、貸し付けが増える傾向にあります。
  3. 銀行のリスク管理: 銀行のリスク管理方針や規制当局の指導により、預貸率に上限が設けられることがある。

一般的な範囲

預貸(dai)率の一般的(de)な範(fan)囲(wei)は、先進国では通常60%から90%程度(du)であることが多いです。途上(shang)国では、金融システムの成(cheng)熟度(du)や規(gui)制(zhi)の有無などによって、この範(fan)囲(wei)から外れることもあります。

  • 60%未満: 貸し付けが控えられている状況。リスクを極端に避ける方針か、借り手の需要が極端に低い場合に見られる。
  • 60%~80%: 比較的健全な範囲とされることが多く、リスク管理と貸し付けのバランスが取られている。
  • 80%以上: 貸し付けが活発で、経済成長を支えている状況。しかし、リスクが高まる可能性もあるため、注意が必要。

参考:日本銀行 貸出貸出・預金動向 

この範(fan)囲はあくまで一般的なもので、特定の国や時期における適(shi)切な預(yu)貸率は、その国の経済(ji)状況や金融政策(ce)に応じて異なります。当局や金融機関は、現地の状況に応じた適(shi)切な預(yu)貸率の水準(zhun)を維持する努力が求められるでしょう。

預貸率の低い銀行はお金を運用に回す

預(yu)(yu)貸(dai)率の低(di)い銀行は、預(yu)(yu)金を他の方法で運(yun)用することが一般的です。預(yu)(yu)貸(dai)率が低(di)い状態では、銀行が預(yu)(yu)かった預(yu)(yu)金の一部が貸(dai)し付けに回(hui)されず、他の運(yun)用先(xian)に投資されることが多いです。以(yi)下は、その主な運(yun)用先(xian)の例です。

1. 政府債券の購入

安全(quan)な運(yun)用先とされる国(guo)債や地方(fang)(fang)債などの購入に回されることがあります。リスクが低い一(yi)方(fang)(fang)で、利回りも比較的(de)低いことが多いです。

2. 他の金融商品への投資

企業債や株式、投資信託などの金融(rong)商品(pin)への投資も行われることがあります。これらの商品(pin)にはリスクが伴(ban)うことが多(duo)いですが、利(li)回(hui)りが高い場合もあります。

3. 中央銀行への預託

中(zhong)央銀行に一時的に預けることも一般的な運用方(fang)法です。中(zhong)央銀行に預けることで、一定の利息が得られます。

4. 他の金融機関への貸付

他の金融(rong)機関への短期(qi)間の貸付(通常(chang)は超短期(qi)のインターバンク市場を利用(yong))も行われます。これにより、一時的な資金の余剰を有効(xiao)に活用(yong)することができます。

預貸率の低い銀行は、預金の一部を貸し付けに回さないため、その分を他の運用先に投資します。運用の方針や対象は、銀行のリスク管理、利益追求の方針、市場状況などによって異なります。この運用によって銀行は、資金を有効に活用し、収益を上げることを目指します。

預証率とは?

預証率(よしょうりつ)は、銀行が預かった預金残高(譲渡性預金を含む)に対する有価証券残高の比率を指します。言い換えれば、預金がどれだけ有価(jia)証(zheng)券(例:国債、企業(ye)債、株(zhu)式など)に投資・運用されているかの割合を示す指標です。

預証率の意義

預証率は、銀行の資金運(yun)用の方向(xiang)性(xing)やリスク管理の観点から重要な経営指標となります。

  • 資金運用の方向性: 有価証券への投資割合が高い場合、銀行は証券市場への投資に重点を置いていると言えます。逆に、低い場合は貸し付けなど他の運用に重点を置いている可能性があります。
  • リスク管理: 有価証券の種類や質によって、銀行のリスクプロファイルが変化します。例えば、国債などの安全な証券への投資が多い場合、リスクが低いとされることが多いです。

預証率と預貸率

預(yu)証率は、預(yu)貸(dai)(dai)率(預(yu)金(jin)に対する貸(dai)(dai)し付(fu)(fu)けの比率)とともに、銀行(xing)の資(zi)金(jin)ポジションを示す重要な指(zhi)標です。預(yu)貸(dai)(dai)率が銀行(xing)の貸(dai)(dai)し付(fu)(fu)けの姿勢を示すのに対し、預(yu)証率は有価証券への投資(zi)の姿勢を示します。これらの指(zhi)標を組(zu)み合(he)わせて分(fen)析することで、銀行(xing)の資(zi)金(jin)運用の全体像を把握することが可能です。

預貸率が低く、預証率が高い状況は、市場における一般的な銀行の機能としては正常ではない?

預貸率が低い状況

預(yu)(yu)貸(dai)(dai)率が低いということは、銀行が預(yu)(yu)かった預(yu)(yu)金(jin)(jin)に対して、貸(dai)(dai)し付けをあまり行っていない状態を示します。銀行の一般(ban)的(de)な機能として、預(yu)(yu)金(jin)(jin)者からの預(yu)(yu)金(jin)(jin)を受けて、それを企業や個(ge)人への貸(dai)(dai)し付けに回す役割(ge)があります。したがって、この役割(ge)が果たされていない場合、一般(ban)的(de)な銀行の機能としては異常な状況と言えるでしょう。

預証率が高い状況

預(yu)証率が高(gao)いということは、預(yu)かった預(yu)金が主に有価証券への投資に回(hui)(hui)されている状態を示(shi)します。銀行が投資活(huo)動を行うこと自体は一般的な業務の一部ですが、この比率が極端に高(gao)い場(chang)合、銀行の主要な機能(neng)である貸し付けが後回(hui)(hui)しにされている可能(neng)性があります。

総合考察

預貸率が低く、預証(zheng)率が高い状(zhuang)況(kuang)は、銀(yin)行(xing)が預金を受けて、それを主に有(you)価証(zheng)券へ投資しているという状(zhuang)態を示します。この状(zhuang)況(kuang)が、市場の経済(ji)状(zhuang)況(kuang)や銀(yin)行(xing)の経営(ying)戦略に応(ying)じて一時(shi)的に発生することはあるかもしれません。

しかし、この状況(kuang)(kuang)が長期にわたって続くと、銀(yin)行の基本的な機(ji)能である貸し付(fu)けが十分に果(guo)たされていないと解(jie)釈される可(ke)能性があります。特に、経済(ji)成長を促進(jin)するためには、銀(yin)行による貸し付(fu)けが重要な役割を果(guo)たすため、この状況(kuang)(kuang)は市場全(quan)体(ti)の健(jian)全(quan)な機(ji)能にとって望(wang)ましくないと言えるでしょう。

預貸率が低いことで中央銀行や国からペナルティを与えられることはあるか

預貸(dai)率(lv)が低いこと自体が直(zhi)接的(de)に国からペナルティを受(shou)ける原因となることは一般(ban)的(de)には少ないです。しかし、以下のような状況や観点から、政府や中央銀行が銀行に対して何らかの措置を取ることがあるかもしれません。

1. 経済政策との関連

預貸(dai)率が極(ji)端に低い状態が続(xu)くと、経済全体への貸(dai)し付けが抑制されるため、経済成長の阻害となる可能性があります。このような場合、中(zhong)央銀行や政府は、銀行に対して貸(dai)し付けを促進(jin)するよう働きかけることがあるでしょう。具体的なペナルティではないものの、政策金利の調整や規制緩(huan)和などを通じて、銀行の貸(dai)し付け態度に影響を及(ji)ぼすことがあります。

2. リスク管理の観点

預貸率が低いことは、銀行がリスクを過剰(sheng)に回避している可能性を示すこともあるため、規制当局(ju)は銀行のリスク管理方針を評価(jia)する際にこれを考(kao)慮(lv)することがあります。適切なリスク管理が行われていないと判断された場合、監督当局(ju)から改(gai)善指導などがなされることがあるかもしれません。

3. 金融健全性の確保

一方(fang)で、預(yu)貸率が低い状態は、銀行が預(yu)金(jin)に対(dui)して十分な現金(jin)を保有しているとも解釈できるため、金(jin)融健全性(xing)の観点からは必ずしも否定的(de)に評価されるものではありません。

預貸率(lv)が低(di)いこと自体がペナルティの対象となることは少(shao)ないですが、経済成長の促(cu)進(jin)や銀行の適切なリスク管理などの観点(dian)から、政府(fu)や中央銀行が何らかの措(cuo)置を取(qu)ることがあるでしょう。具(ju)体的な対応は、その国の法律、規制、経済状況などに基(ji)づくため、一概には言えません。

国内外における預貸率に関する具体的な事案

預(yu)貸率(lv)に関(guan)連(lian)(lian)する具体的な事(shi)(shi)(shi)件や事(shi)(shi)(shi)例は、直接的なドラマチックな出来事(shi)(shi)(shi)というよりも、経済政策(ce)や銀行の運営方針などと密(mi)接に関(guan)連(lian)(lian)しています。以下は、国(guo)内外(wai)での預(yu)貸率(lv)に関(guan)連(lian)(lian)する興味深い事(shi)(shi)(shi)例です。

1. ギリシャの金融危機

2000年代(dai)後半から2010年代(dai)初頭にかけてのギリシャの金(jin)融危機では、銀行の貸し付けが急激に拡大し、預(yu)貸率が極端に高(gao)まりました。その結果、多くの不良債権が発(fa)生し、銀行システム全(quan)体(ti)の健(jian)全(quan)性が揺(yao)らぎました。この事例は、預(yu)貸率の管理(li)が金(jin)融システムの安定にどれほど重(zhong)要かを示しています。

ギリシャの金融(rong)危機は、2000年代後半から2010年代初頭(tou)にかけて発生しました。預貸率の高まりとその背後にある要因、審査や自(zi)己資本比(bi)率についての問題について解(jie)説します。

預貸率の高まり

ギリシャの金融危機の背後には、いくつかの要素が絡んでおり、預貸率の高まりもその一部でした。

  1. 経済の拡大: ギリシャはユーロ圏に加盟した後、低金利の恩恵を受け、経済が急速に拡大しました。これに伴い、企業や個人の借り入れ需要が増加しました。
  2. 銀行の積極的な貸し付け: 低金利と経済成長の期待から、銀行は積極的に貸し付けを拡大しました。信用リスクの評価が甘くなる傾向もありました。

審査や自己資本比率の問題

  1. 審査の甘さ: 貸し付けが拡大する中で、一部の銀行では信用審査が緩和されたとされています。これにより、リスクの高い貸し付けが増えました。
  2. 自己資本比率の問題: 銀行の自己資本比率は、表面上は規制の基準を満たしている場合が多かったものの、リスクの適切な管理が行われていなかったとされています。資本の質やリスク評価の基準が問題視されました。
  3. 国債の問題: ギリシャ国債は、銀行のバランスシート上で大きなウェイトを占めており、国債の価値が急落すると銀行の健全性が揺らぎました。

結果と影響

これらの要(yao)(yao)素が組み合わさり、ギリシャの経済が悪(e)化した際(ji)に、多(duo)くの不良債権が発生(sheng)しました。銀行(xing)の健全性(xing)が揺らぎ、国際(ji)的(de)な支(zhi)援が必要(yao)(yao)となるなどの深刻な影響(xiang)が生(sheng)じました。

2. 日本の失われた20年

日本では、バブル経済(ji)崩(beng)壊後の1990年(nian)代から2000年(nian)代にかけて、企(qi)業(ye)や個人の借り入れ意欲の低(di)下(xia)、銀行のリスク回(hui)避などから預貸率(lv)が低(di)下(xia)しました。この期間は、経済(ji)成長が停滞し、投資の機(ji)会(hui)損失(shi)が発生(sheng)したとされています。

3. 中国の銀行システム

中(zhong)国(guo)では、政府が経済(ji)成長(chang)を促(cu)進(jin)するために、銀行に対(dui)して積極的な貸し付(fu)けを推進(jin)している場合があります。このため、一(yi)部の銀行では預貸率が非常に高く、将来的な不良債権のリスクが指摘されることもあります。

4. Basel IIIによる規制強化

国(guo)際(ji)的な銀行規(gui)制であるBasel IIIでは、銀行のリスク管理が強化(hua)されており、預貸(dai)率(lv)を含む様々な指標が監視(shi)されます。これにより、各(ge)国(guo)の銀行は健全な運(yun)営を強く求められており、預貸(dai)率(lv)の適切な管理が重要(yao)視(shi)されています。

預貸率に関連する具体的な事件や事例は、経済の動向や金融政策、規制などと深く結びついています。これらの事例は、預貸率が金融機関の健全性や経済成長にどのように影響するかを理解する上で貴重な参考になるでしょう。

Basel IIIとは?銀行の資本、リスク管理、監督基準のフレームワーク

Basel III(バーゼルIII)は、国(guo)際的(de)な銀(yin)行(xing)規制の一環として、バーゼル銀(yin)行(xing)監督委(wei)員(yuan)会(BCBS)によって策(ce)定された銀(yin)行(xing)の資本(ben)、リスク管理、監督基準のフレームワークです。以下(xia)、Basel IIIの主要な側面とその背景について詳(xiang)しく解説します。

1. 目的

Basel IIIの主(zhu)要な目的は、金(jin)融システムの安定(ding)を高(gao)め、2007-2008年のグローバル金(jin)融危(wei)機(ji)のような危(wei)機(ji)を未然に防ぐことです。具(ju)体(ti)的には、銀行が取り扱(xi)うリスクに対して十分な資本を保有(you)し、透明性を高(gao)めることで、銀行の健全な運営を促進します。

2. 主要な要件

Basel IIIは以下の三つの主要な柱から構成されます。

  • 柱1: 最低資本要件: クレジットリスク、市場リスク、操作リスクに対する資本の最低要件を定めます。資本の質も強化され、コア・ティア1資本比率などの新たな指標が導入されました。
  • 柱2: 監督プロセス: 銀行自身のリスク管理と監督当局による監督プロセスを強化します。銀行は自身のリスクプロファイルに基づいて資本計画を策定する必要があります。
  • 柱3: 市場規律: 透明性の向上を目指し、銀行はリスクや資本構造に関する詳細な情報を公開する必要があります。

3. 導入の背景

2007-2008年の金融危機(ji)は、銀行の資(zi)本(ben)不足とリスク管(guan)理の不備が深刻な影響を及ぼしたことから、これに対処するためにBasel IIIが策定されました。

4. 国際的な影響

Basel IIIは多くの国で採用されており、国際的な銀行業界に対する共通の基準(zhun)となっています。ただし、各国での具体的な規制内容や導入時期は異(yi)なる場合があるため、国際的な調(diao)整も重要な課(ke)題となっています。

まとめ

Basel IIIは、銀行の健全(quan)な運営と金融システム全(quan)体の安(an)定を促進するための国際(ji)的な規制フレームワークです。資(zi)本の質と量(liang)の強化、リスク管理の強化、透明性(xing)の向上(shang)などを通(tong)じて、銀行業界の信頼性(xing)を高めることを目指しています。

関連記事:日本の法人口座ネット銀行の手数料を比較

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報(bao)・PRご担当者(zhe)様(yang)へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ