エヴァゴジラピンボール

法人口座を最短即日で開設できる銀行とは?時間がない方におすすめ!

VOIX編集部VOIX編集部 更新 お金 ネット銀行・ネットバンク
法人口座を最短即日で開設できる銀行とは?時間がない方におすすめ!
法人口座の開設には時間がかかるものです。審査を含めて2週間〜1ヶ月以上かかります。一方で最近(jin)は最短即日で法人銀行口(kou)座を開設できる革新的なサービスも出ています。今回は主な法人口座の開設時間について比較し特集します。

「法人口座 最短発行」記事のまとめ

  • 法人口座はネット銀行での発行が早い
  • GMOあおぞらネット銀行最短即日発行
  • 印鑑レスや郵送レス、ペーパレスでネット完結

結論:法人口座の開設が最短即日(ri)で完了する方法。

銀行の法人口座をなるべく早く開設したいという方におすすめなのが
「GMOあおぞらネット銀行」への申込みです。

GMOあおぞら銀行

・印(yin)鑑不(bu)要(yao) ・郵送不(bu)要(yao) ・印(yin)刷物の提(ti)出不(bu)要(yao)

「最短即日かんたん口座開設」というサービスを開始しており、おそらく法人銀行口座の開設スピードとしては国内最短水準といえるでしょう。

GMOあおぞらネット銀行 最短即日口座開設

当然、審査が長引くことにより当日中(zhong)の口(kou)座(zuo)開(kai)設(she)ができないというケースはあると思いますが、それにしても申し込(込)みしやすい特徴を持(chi)っているので、メガバンクや地方銀行、信用金庫(ku)等と比べても口(kou)座(zuo)開(kai)設(she)の時間は早いといえるでしょう。

最短即日!「GMOあおぞらネット銀行」が申し込みやすい理由5点

  1. 起業直後でも申込みOK
  2. 固定電話の番号が不要
  3. 提出に必要な書類が少ない
  4. バーチャルオフィス/レンタルオフィスOK
  5. “来店不要”ネット完結で口座開設可能

提出に必(bi)須(xu)となる書類がメガバンク等に比べると少なく、来店(dian)不要の「ネット完結」で口(kou)座開設が完了するので、口(kou)座開設にかかる時(shi)間が非(fei)常に短いのです。

GMOあおぞらネット銀行も「最短即日かんたん口座開設」というサービスを開始するほど開設スピードに力をいれています。

GMOあおぞらネット銀行が優れている5点

  1. セキュリティやシステム面の強さ。
  2. Payeasy(ペイジー)に対応済み。
    納税や社会保険の納付がネットで完結できる
  3. 口座開設/維持費が無料
  4. 振込手数料が業界屈指の安さ
  5. 年会費無料のデビットカードの還元率が最大1.5%
弊社(株式会社VOIX)でもメインバンクとしてGMOあおぞらネット銀行を利用しています。会社設立直後に申し込み、すぐに法人口座を作ることができました。

実際に利用していても大きなデメリットが無く、管理画面や問い合わせへのレスポンスなどサービスクオリティは非常に高いです。

Payeasy(ペイジー)デビットカード手数料の安さは時間(jian)とコストを省(sheng)く上での強力なアドバンテージもあるので他のネットバンクより秀でていると感じています。

 

GMOあおぞらネット銀行
新規 法人口座開設 特典

必要書類がほとんどなく、ハンコレス・ペーパーレス・郵送レスだけのネット完結で申し込みができ、会社を設立したその日でも最短即日で法人口座が開設できるGMOあおぞらネット銀行ですが、今ならこのページから法人口座を開設すると特典があります。 GMOあおぞらネット銀行以外の他行宛ての振込手数料が毎月20回まで無料 振込手数料優遇特典は、設立して1年未満と1年以上の法人で毎月振込手数料が20回無料になる特典の内容が少し異なります。
設立1年未満の法人 設立1年以上の法人
特典① 設立日から1年以内の期間はGMOあおぞらネット銀行以外の他行宛ての振込手数料が毎月20回まで無料 法人口座を開設してから3ヶ月間はGMOあおぞらネット銀行以外の他行宛ての振込手数料が毎月20回まで無料
特典② 振込先がGMOあおぞらネット銀行宛てなら、振り込み手数料 無料(回数無制限)
特典③ 今なら法人口座の新規開設で最大2,000円をプレゼント
GMOあおぞらネット銀行の法人口座の新規開設で最大2,000円をプレゼント!
最短即日 口座開設
振込手数料 無料
口座維持費 無料
 

▶GMOあおぞらネット銀行のデメリットは?こんな方には向かない。
当然、デメリットも明確にあります。まず、外貨送金がメインの目的の方。また、銀行からの数千万円以上の大型融資を目的として口座開設する方には向きません。(逆に1000万円以内の融資ならおすすめ)
それ以外の方には広くおすすめできます。法人ネット銀行の中で選ぶならおすすめです。
※GMOあおぞらネット銀行は2023年5月29日より海外送金サービス「GMOあおぞらネット銀行 海外送金(法人)powered by Wise」の取り扱いを開始しています。

比較:法人銀行口座の開設にかかる時間は?

法(fa)人銀行口座の開設にかかる時(shi)間(jian)を比較(jiao)してみました。ネット銀行で最(zui)短即日〜3週(zhou)間(jian)、メガバンクで2週(zhou)間(jian)〜1ヶ月程度かかります。また、ネット銀行のほうがネット完結(jie)での申込(込)(込(込))みがしやすく、必要書類(lei)が少ない、また面談がない場合が多(duo)いため申し込(込)(込(込))みの難易(yi)度ハードルが低(di)い特(te)徴があります。

結論:お急ぎの方はネット銀行での申込みをおすすめします。

2023年2月9日時(shi)点で公式サイトに表記されている日数を元に記載しています。

ネット銀行の法人口座開設日数。最短はどこか。

法人銀行名 最短口座開設日 情報ソース
GMOあおぞらネット銀行 最短即日の口座開設可能
PayPay銀行 書類到着後3~10日程度
楽天銀行 約2週間程度で口座開設
住信SBIネット銀行 最短翌営業日で口座開設可能

ネット銀行の法人口座開設スピードを比較するとやはり、GMOあおぞらネット銀行の最短即日というスピードが早く、ついで住信SBIネット銀行が早いです。できるだけ早(zao)く法人口座(zuo)がほしいというニーズにズバリ答えてくれていますね。

関連記事:法人口座開設おすすめはどこ?ネット銀行ランキング一覧

住信SBIネット銀行はオンライン口座開設なら必要書類の郵送不要で、最短翌営業日で口座開設可能。条件として 法人代表者が取引担当者なり、法人代表者さまの運転免許証および顔写真をスマートフォンで撮影する必要があります。

VOIXでは住信SBIネット銀行の法人口座が優秀である理由と審査落ちしやすい経営者の特徴を記事(shi)にまとめています。GMOあおぞらネット銀(yin)行と同じく人(ren)気(qi)のネット銀(yin)行ですので気(qi)になる方はチェックしてみてください。

メガバンクの法人口座開設日数。最短はどこか。

法人銀行名 最短口座開設日 情報ソース
三菱UFJ銀行 申込後約4週間程度
三井住友銀行 申込後2週間程度
みずほ銀行 一次審査まで約1週間程度

メガバンクの法人口座開設日数を比較すると、最短の開設はおそらく三井住友銀行となるでしょう。GMOあおぞらネット銀行の最短即日には及びませんが2週間というスピード感はなかなか早いです。

みずほ銀行やりそな銀行の「一次審査(cha)」は書類での審査(cha)であるケースが多く、そこから面談や実(shi)際のカード発(fa)行なども含めると日数はそれなりに掛かると思います。

▶関連記事:法人口座開設の審査がゆるいのはどんな銀行?

なぜ法人口座開設には時間がかかるのか

銀行の法(fa)人(ren)口座の審査に時間がかかる理由(you)はいくつかありますが、主な理由(you)は以(yi)下のとおりです。

引用(yong)元:内(nei)閣官房(fang)日(ri)本(ben)経済(ji)再生(sheng)総合事務局

情報の確認: 銀(yin)行は、口座開設の申請(qing)者の情報を確認します。これには、パスポートや住所証明(ming)書などの提出が必要(yao)な場合(he)(he)があります。これらの情報の確認に時間がかかる場合(he)(he)があります。

信用チェック: 銀行は、口座(zuo)開設(she)の申請(qing)者の信用情報(bao)や経歴などを確認する場(chang)合があります。これには時間がかかる場(chang)合があります。

人手不足: 銀行は多(duo)くの口(kou)座開設申請を同時に処理する必要がありますが、場合によっては人手不足により審査が遅れる場合があります。特(te)に最近は法人の設立も多(duo)くなっているため時間がかかるのですね。

郵送物の配達時間:紙の提出(chu)物(wu)が多い場合、提出(chu)して審(shen)査部に届くまでに時間(jian)がかかります。審(shen)査用の提出(chu)物(wu)の他に、在籍確(que)認用の書(shu)留書(shu)類や銀行カードなどの配達(da)も含(han)まれるため配達(da)時間(jian)だけでも数日(ri)分の遅れが生まれますね。

これらの時間遅延を解決したのがネット銀行です。申し込みから審査、番号発行までをシステムで一元管理し、郵送物を排除しているのでスムーズに開設が行われます。

【まとめ】法人口座 開設が最短即日できるのは?

ということで法人口座の最短開設時間が最も短いのはGMOあおぞらネット銀行という結論になります。比較(jiao)してみると一目瞭(liao)然ですね。最短(duan)即日で開設できるというのは大きなメリットです。また、前述の通り、「必須の提出(chu)書類が少ない」「ネット完結」「印鑑不要(yao)」など申(shen)し込(込)(込(込))みハードルも低いので申(shen)し込(込)(込(込))みにかかる時間もそこまでかかりません。

関連記事:GMOあおぞらネット銀行の法人口座開設日数は即日OK

GMOあおぞらネット銀行は口座開設のスピード以外にも長所があります。

  1. 業界最低基準の振込手数料
  2. セキュリティやシステム面の強さ。
  3. Payeasy(ペイジー)に対応済み。
  4. 口座開設費・維持費が無料
  5. 最大1.5%還元のデビットカード

スペック面でも秀(xiu)でており、今急(ji)速に利用者が増加中のネット銀行なんですよね。審(shen)査に不安な方(fang)や申込みが不安な方(fang)も一度チェックしてみることをおすすめします。

 

GMOあおぞらネット銀行
新規 法人口座開設 特典

必要書類がほとんどなく、ハンコレス・ペーパーレス・郵送レスだけのネット完結で申し込みができ、会社を設立したその日でも最短即日で法人口座が開設できるGMOあおぞらネット銀行ですが、今ならこのページから法人口座を開設すると特典があります。 GMOあおぞらネット銀行以外の他行宛ての振込手数料が毎月20回まで無料 振込手数料優遇特典は、設立して1年未満と1年以上の法人で毎月振込手数料が20回無料になる特典の内容が少し異なります。
設立1年未満の法人 設立1年以上の法人
特典① 設立日から1年以内の期間はGMOあおぞらネット銀行以外の他行宛ての振込手数料が毎月20回まで無料 法人口座を開設してから3ヶ月間はGMOあおぞらネット銀行以外の他行宛ての振込手数料が毎月20回まで無料
特典② 振込先がGMOあおぞらネット銀行宛てなら、振り込み手数料 無料(回数無制限)
特典③ 今なら法人口座の新規開設で最大2,000円をプレゼント
GMOあおぞらネット銀行の法人口座の新規開設で最大2,000円をプレゼント!
最短即(ji)日 口座開設
振込手数料 無料
口座維持費 無料
 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広(guang)報(bao)・PRご担(dan)当者(zhe)様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ