エヴァゴジラピンボール

法人口座開設の審査がゆるい銀行について解説。法人口座が作りやすいのはどこ?

VOIX編集部VOIX編集部 更新 お金 ネット銀行・ネットバンク
法人口座開設の審査がゆるい銀行について解説。法人口座が作りやすいのはどこ?
法人口座を開設するにあたって、審査が気になる方は多いでしょう。設立直後や売上未発生、赤字などが原因で落とされる懸念もあるはずです。
そこで今回は比較的口座開設へのハードルゆるい(申し込みしやすい・作りやすい)法人銀行サービスを事業主目線で紹介します。

「銀行法人口座の審査」記事のまとめ

  • 法人口座開設の審査がゆるいのはネット銀行地元の信用金庫
  • 法人口座が作りやすい銀行はネット銀行一択
  • GMOあおぞらネット銀行は申し込みやすい(審査必要書類不要で最短即日)
  • 法人口座開設の審査をゆるくする(作りやすくする)方法

結論:法人口座が作りやすい(申し込みやすい)のは…

GMOあおぞらネット銀行がおすすめ

GMOあおぞら銀行

ネットバンクとして破竹の勢いで口座開設数を増やしているのがGMOあおぞらネット銀行です。私も様々な銀行(xing)で法人口座を作(zuo)りましたが、この銀行(xing)が最も作(zuo)りやすいと感じました。

▼審査が不安な方でも申込みしやすい理由7点

  1. 起業直後でも申込みOK
  2. 売上未発生でも申込みOK
  3. 固定電話の番号が不要
  4. 提出に必要な書類がほとんどない
  5. バーチャルオフィス/レンタルオフィスOK
  6. 最短即日で法人口座の開設ができる
  7. ”来店不要”ネット完結で口座開設可能(ハンコレス・ペーパーレス・郵送レス

この条件を満たす銀行はおそらくGMOあおぞらネット銀行だけでしょう。特に固定電話不要最短即日開設というのは他の銀行ではあまり見かけませんね。

コスパや機能も充実しており欠点がない

さらにGMOあおぞらネット銀(yin)行はその他にも機(ji)能面で優れており、口座開設(she)数が業界でも屈指である理由が伺えます。

▼GMOあおぞらネット銀行が優れている5点

  1. セキュリティやシステム面の強さ。
  2. Payeasy(ペイジー)に対応済み。
    納税や社会保険の納付がネットで完結できる
  3. 口座開設/維持費が無料
  4. 振込手数料が業界屈指の安さ
  5. 年会費無料のデビットカードの還元率が最大1.5%
弊社(株式会社VOIX)でもメインバンクとしてGMOあおぞらネット銀行を利用しています。会社設立直後に申し込み、無事法人口座を作ることができました。

実際に利用していても大きなデメリットが無く、管理画面や問い合わせへのレスポンスなどサービスクオリティは非常に高いです。

Payeasy(ペイジー)デビットカード手数料の安さは時間とコストを省く上(shang)での強力(li)なアドバンテージもあるので他のネットバンクより秀(xiu)でていると感(gan)じています。

▶GMOあおぞらネット銀行のデメリットは?こんな方には向かない。
当然、デメリットも明確にあります。まず、外貨送金がメインの目的の方。また、銀行からの数千万円以上の大型融資を目的として口座開設する方には向きません。(逆に1000万円以内の融資ならかなり借りやすくおすすめ)
また店舗で行員に相談したり、貸金庫はネット専業銀行なので提供しておりませんが、それ以外の方には広くおすすめできます。 法人ネット銀行の中で選ぶならおすすめです。
※GMOあおぞらネット銀行は2023年5月29日より海外送金サービス「GMOあおぞらネット銀行 海外送金(法人)powered by Wise」の取り扱いを開始しています。
 

GMOあおぞらネット銀行
新規 法人口座開設 特典

必要書類がほとんどなく、ハンコレス・ペーパーレス・郵送レスだけのネット完結で申し込みができ、会社を設立したその日でも最短即日で法人口座が開設できるGMOあおぞらネット銀行ですが、今ならこのページから法人口座を開設すると特典があります。 GMOあおぞらネット銀行以外の他行宛ての振込手数料が毎月20回まで無料 振込手数料優遇特典は、設立して1年未満と1年以上の法人で毎月振込手数料が20回無料になる特典の内容が少し異なります。
設立1年未満(man)の法人 設立1年(nian)以上(shang)の法人
特典① 設立日から1年以内の期間はGMOあおぞらネット銀行以外の他行宛ての振込手数料が毎月20回まで無料 法人口座を開設してから3ヶ月間はGMOあおぞらネット銀行以外の他行宛ての振込手数料が毎月20回まで無料
特典② 振込先がGMOあおぞらネット銀行宛てなら、振り込み手数料 無料(回数無制限)
特典③ 今なら法人口座の新規開設で最大2,000円をプレゼント
GMOあおぞらネット銀行の法人口座の新規開設で最大2,000円をプレゼント!
最短(duan)即日 口座開設(she)
振込手数料 無料
口座維持費 無料
 

法人口座開設のゆるい銀行はどんな銀行か

まず、法人口座開設で審査が比較的ゆるい、作りやすいと言われているのはネット銀行や地元の信用金庫です。反対にメガバンクや地方銀行はある程度実績(ji)を積まないと審査に落ちる可能性が高いためおすすめできません。

ネット銀行の審査がゆるいとされる理由

メガバンク等(deng)の審査の厳しい銀(yin)行(xing)は法人口(kou)座の開(kai)設に際し、賃貸契約のあるオフィスや固(gu)定電話がないと落ちやすいという場(chang)合があります。これは各銀(yin)行(xing)が長年(nian)使用してきた規則(ze)が厳しいという側(ce)面もあるでしょう。

一方でネット銀行では「設立直後OK」とむしろ、口座開(kai)設を歓迎する文章がある銀行(xing)も存在(zai)し、レンタルオフィスや固定電話なしというような現代の起業(ye)環境を想定し、積極的にユーザーの口座開(kai)設を図っていこうという姿(zi)勢が垣間(jian)見えます。

法人口座開設が作りやすいのはネット銀行一択

さらに、この現代において法人口座開設がネット完結できるので作りやすさを重視する場合でもネット銀行一択となります。信用(yong)金庫(ku)や地方銀行(xing)は口座(zuo)開設の仕組みがまだネット完(wan)結できていない銀行(xing)も多く、窓口に並び申請(qing)書類を提(ti)出したり面談を経て審査(cha)が行(xing)われるような流れになる場合が多く、開設までに時間(jian)がかかります。

一方でネット銀行であれば最短即日、ネット完結で提出書類も多くないという大きなメリットがあります。ネットに疎い方でも難(nan)しくないようにできているのでおすすめです。

▶関連記事:法人口座開設が早い銀行ランキング、最短は即日!

4大ネット銀行をなら「GMOあおぞらネット銀行」がおすすめ

ネット銀行には4つの大きな銀行があります。
「①GMOあおぞらネット銀行」「②楽天銀行」「③住信SBIネット銀行」「④Paypay銀行」です。
この中で法人口座開設であれば「GMOあおぞらネット銀行」をおすすめします。

・楽天銀行は経理ソフトとの連携面で不安。
・住信SBIネット銀行はPayeasy不対応。
・Paypay銀行は振込手(shou)数(shu)料がやや高い。

GMOあおぞらネット銀行(xing)はこれらの欠点(dian)をカバーしており、振込手数(shu)料の安さ、デビットカードの還元率の高(gao)さ、法(fa)人口座(zuo)の作りやすさという長所(suo)があります。

関連記事:法人口座開設おすすめ、ネットバンク ランキング

ネット銀行は提出書類が少ないので口座開設しやすい

銀(yin)(yin)行によっては面談が必須(xu)、決算(suan)書(shu)が必要という銀(yin)(yin)行もありますが、ネット銀(yin)(yin)行は提出(chu)書(shu)類が少なく、取引のわかる資料(liao)や会社(she)ホームページがあれば事業(ye)確認が可能という銀(yin)(yin)行も存在します。当然、提出(chu)書(shu)類が何もない状(zhuang)態では審査通過できませんが、必須(xu)の提出(chu)書(shu)類が少ないというのを口座(zuo)開設の上でメリットに感じる方も多(duo)いでしょう。

記事:法人口座開設に必要な書類をネット銀行とメガバンクで比較。

GMOあおぞらネット銀行は提出書類が少ない。
売上未発生でも申し込み可能。

どの法人(ren)口(kou)座開(kai)設の際にも必(bi)(bi)要(yao)となる「事(shi)業確(que)認(ren)」。実(shi)際にどのような事(shi)業を行(xing)っているかをPDFや書面で提出する必(bi)(bi)要(yao)があります。ネット銀(yin)行(xing)でもGMOあおぞらネット銀(yin)行(xing)は事(shi)業確(que)認(ren)書類の必(bi)(bi)須条件がゆるいといえます。

GMOあおぞらネット銀行の公式サイトによると、会社ホームページのみの提出でも申し込み自体は可能ですし、売上未発生という方でも仕入れに関する資料提出で申し込みできます。仕(shi)入(ru)れ実績もない方は個人時代の取引実績や、事業計画書の提出で申し込むことが可能です。

ただし、申込み可能と言っても審査に通るかは別の話です。自分(fen)の会社(she)の事(shi)業(ye)や提案資料などがあればできるだけ添付(fu)して銀行に対して信用をアピールする必要があります。

最短即(ji)日 口座開(kai)設
振込手数料 無料
口座維持費 無料

法人口座開設の審査はなぜ厳しいのか?

ネットや本で調べても法人銀行口座の審査で落ちたという話はよく聞きますよね。実際に法人口座の開設で落ちた経験のある方は多いと思います。
法人(ren)口座の審査(cha)が厳しい理由は以下のようなものがあります。

引(yin)用元:内(nei)閣官房日(ri)本経済再生(sheng)総合事務局(ju)

リスク管理: 銀(yin)行は、開設する法人口座に関連(lian)するリスクを評価(jia)するため、法人の業種や規模(mo)、財(cai)務状況などを厳密に調査します。

法令遵守: 法人口座を開設する際には、業(ye)務内(nei)容に応じた法令(ling)や規則(ze)の遵守(shou)も考慮(lv)されます。

正当な利用: 銀行は、法人口座が正当な目的(de)で利用されることを確認するため、関(guan)連する取引(yin)内容や業(ye)務(wu)内容も審(shen)査(cha)されます。

信用状況: 銀(yin)行は、法人の取(qu)引履歴(li)や財務状況を考慮(lv)し、信用(yong)状況を評価します。

ここで特に最近重視されているのが「法令遵守」です。主に特殊詐欺などの犯罪防止のために法人口座の開設者本人の情報やどのようなサービスを展開するかの具体的な情報がほしいわけです。

法人口座の審査をゆるくする方法

法人銀行口座の審査は厳しいと書きましたが、ゆるくする=通りやすくする方法があります。基本的(de)なことばかりで裏技ではないのですが、審査が不安な方は以下の項(xiang)目をチェックしてみてください。

今回は特にネット銀行の法(fa)人口(kou)座をメインに対策しています。

  1. 必要な情報をすべて埋める
  2. 会社ホームページを作成する
  3. 会社ホームページを具体的な内容にする
  4. 具体的な取引資料があれば提出する

審査(cha)を通りやすくするためにできるだけの準備(bei)が必要です。いくら売(mai)上高のある会社でも、実力のある経営者でも、銀(yin)行側(ce)に具(ju)体的な情報(bao)が届かなければ何も信用(yong)がない状態(tai)と同じです。

会社ホームページは審査通過の味方になる

ここで起業直後でも特におすすめの方法が②③の「会社ホームページの用意」です。旧来の会(hui)社案内(nei)のパンフレットに代(dai)わって、現(xian)代(dai)では「会(hui)社ホームページ」が重要(yao)です。なるべくドメインを取得し自分(fen)の言葉や写真で会(hui)社の内(nei)容を紹介(jie)しましょう。

どんなサービスをどの価格で提供しているか、どんな取引先がいるか(まだいない場合はどんな取引先を想定しているか)住所や経営者氏名、電話番号、経営者の略歴、写真などきちんと掲載すると良いでしょう。会社のSNSアカウントやブログなどではなく、会社の事業を紹介するページが望ましいです。

不安な方は提出書類でアピール

また、添付の提出書類として実際に使っている提案資料や仕入れに関する資料、パンフレットやチラシなどできるだけ多くの「第3者との関わり」を提出することをおすすめします。

結論:法人口座 開設でおすすめなのは?

法人口座の開設において審査部分はブラックボックスとなっています。ですので一概に言えませんが、現代で法人口座開設が不安な方は基本的に「ネット銀行」に申し込むことをおすすめします。さらに、申込みがしやすい口座を狙うのが良いでしょう。

ネット完結で最短即日開設が可能で必須の提出書類が多くないGMOあおぞらネット銀行はその中でもおすすめできる銀行です。フォーム入(ru)力や提出書(shu)類に関(guan)するコンテンツも充(chong)実(shi)しており、設立直後や実(shi)績の少ない法人にも向いているでしょう。

▶関連記事:法人口座を最短即日に開設できる銀行とは?

また、法人口座の審査に通過するための準備も大事です。特に重要なのが会社ホームページと提出書類。実績のない会社(she)でも真摯に向き合い銀行に信用(yong)をアピールできる重要(yao)なチャンスだと捉えましょう。

法(fa)人(ren)銀行口座開設(she)(she)のメリットは多(duo)くあります。信(xin)用(yong)管理(li)や取引(yin)の信(xin)頼(lai)性、財務(wu)状況(kuang)の把握(wo)、法(fa)人(ren)としての存在感などです。口座開設(she)(she)をクリアして事業(ye)活動を促進(jin)できるといいですね。

 

GMOあおぞらネット銀行
新規 法人口座開設 特典

必要書類がほとんどなく、ハンコレス・ペーパーレス・郵送レスだけのネット完結で申し込みができ、会社を設立したその日でも最短即日で法人口座が開設できるGMOあおぞらネット銀行ですが、今ならこのページから法人口座を開設すると特典があります。 GMOあおぞらネット銀行以外の他行宛ての振込手数料が毎月20回まで無料 振込手数料優遇特典は、設立して1年未満と1年以上の法人で毎月振込手数料が20回無料になる特典の内容が少し異なります。
設立1年未(wei)満の法人 設立1年以上(shang)の法人
特典① 設立日から1年以内の期間はGMOあおぞらネット銀行以外の他行宛ての振込手数料が毎月20回まで無料 法人口座を開設してから3ヶ月間はGMOあおぞらネット銀行以外の他行宛ての振込手数料が毎月20回まで無料
特典② 振込先がGMOあおぞらネット銀行宛てなら、振り込み手数料 無料(回数無制限)
特典③ 今なら法人口座の新規開設で最大2,000円をプレゼント
GMOあおぞらネット銀行の法人口座の新規開設で最大2,000円をプレゼント!
最(zui)短(duan)即日(ri) 口座開(kai)設
振込手数料 無料
口座維持費 無料
 
※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報(bao)・PRご担(dan)当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
ページトップへ