エヴァゴジラピンボール

法人カードで審査甘い、ゆるい、審査なしはある? 審査基準が赤字でも通りやすい秘訣を専門家が大公開

法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大(da)手ニュースサイトに連載経験(yan)あり。 自身も複(fu)数会社を経営(ying)し、通算(suan)で法人カードを15枚(mei)以(yi)上作成(cheng)経験(yan)あり。 座右の銘(ming)は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

法人カード審査
法人カード 審査

この記事の目次

法人カードの審査に落ちたときの対処法、審査なしの法人カード、審査期間も紹介します

法人カードの作成は、個人用クレジットカードに比(bi)べて審査が厳(yan)しいイメージがあるのではないでしょうか。実際に審査落ちしてしまった人も少なくないでしょう。

ですが、カード会社の立場に立って審査基準を理解し事前に準備した上で、審査に通りやすい法人カードを選択すれば、審査を通(tong)過するのはさほど難しいことではありません。

ここでは、法人カードを作成する際に重視されると言われる審査基準と比較的審査基準がゆるいとされるカードや審査がない法人カードに加えて創業したばかりのスタートアップ専用法人(ren)カードもご紹介(jie)します。

審査が不安な方におすすめの法人カードはこちら

※クレジットカードの審査基準は明示されていない上、法人カードとなると過去の会社の信用だけでなく代表者個人の信用や経歴など複雑な要素が絡んでいきます。またカード会社も審査基準や審査方法を随時見直ししていますので、あくまで参考として御覧ください。

法人カード審査基準で重要とされる4大要素

法人(ren)カードを作成する際(ji)には審査基準が4つあります。

法人カード審査基準①:会社設立の年数

事業(ye)がどれくらい継続(xu)し、安定しているかを表す事業(ye)歴(li)は重要度が高い判断基(ji)準になります。

一般的(de)な判断(duan)基準は3年以上とされており、起業直後や事業歴(li)2年未満(man)の法人はその事業歴(li)の短さだけで審査落(luo)ちになるケースも多く見られます。

会社という組織(zhi)を維持・継続するのは難しいことです。3年以上を経過した会社は安定し、その後も事業を継続できる可(ke)能(neng)性が高いため、カード会社も未回収の心配(pei)はないと判(pan)断し審査(cha)が通(tong)りやすくなります。

法人カード審査基準②:会社の信用

カード会社は金融機関ということもあり、信用がとりわけ重要です。 特に近年は社会(hui)的責任や法令順守などコンプライアンスにかかわる点が重要になってまして、監督官庁などからも厳しく監視されています。

カード会社としても不(bu)正行(xing)(xing)為や反社会的勢力(li)との取引排除などのリスクを避けるための調査が行(xing)(xing)われることも多(duo)いです。 その場合、WebサイトやSNSなども確認される可能性が高いので、極端に情(qing)報(bao)が無いのは嫌がられます。あるていど情(qing)報(bao)があったほうが有(you)利になりやすいので情(qing)報(bao)発信はできるかぎり行(xing)(xing)いましょう。

法人カード審査基準③:財務状況

売上(shang)高(gao)や最終利益が赤字などの業(ye)績が悪い法(fa)人も審査(cha)は厳しい目で見られ通(tong)(tong)過(guo)しづらいです。 ただし、起業(ye)したばかりで実績がない、意図的(de)に赤字決算としたなどという場合でも審査(cha)に通(tong)(tong)る可能性があります。

カード会社(she)はキャッシュフローに滞りがないかという点(dian)に着目するため、赤字であれば絶対に審査を通過できないというわけではありません。

また、”業績は関係ない”という起(qi)業家やスタートアップ向けとして、決算書や申告書、口座残(can)高など財務状(zhuang)況(kuang)の審査がない法人カードもあります。

このページの「審査通過したい方向けの法人カード」にて おすすめしている法人カードは、全て決算書や申告書が不要、”売り上げが無い”、”事業立ち上げ中で赤字” でも申し込(込)みができます。

法人カード審査基準④:代表者 個人の信用

会社が審査通(tong)過の条件を満たしていても、代(dai)表者の信用情(qing)報に問題があると審査を通(tong)過できないことがあります。代(dai)表者自(zi)身に過去に滞納が多いことや自(zi)己破産、債務整(zheng)理などがあれば、十(shi)分審査落(luo)ちの理由(you)になってしまいます。経営者のクレジットヒストリーが重要(yao)な判断基準(zhun)になると言えます。

これら4つの基準(zhun)(zhun)で一定(ding)の基準(zhun)(zhun)を満たすことは重要(yao)だと言われています。

※これらの基準(zhun)はあくまで大きな要素と噂される項目(mu)を抜粋しただけで、明示されているものではありません。

審査が不安な方におすすめの法人カードはこちら

 

法人カードの審査落ちが心配な方へ

3つの審(shen)査基準(zhun)を満たしていない、法人(ren)カードの審(shen)査に通らないかもしれないと諦めてしまう前(qian)に、法人(ren)カードの審(shen)査基準(zhun)や審(shen)査に通りやすいカードの傾(qing)向(xiang)をつかみ、通りやすくなる事前(qian)準(zhun)備と対策をまとめてみましたので、ご覧ください。

法人カードの審査対策としてできること

固定電話回線を設置する

カード会(hui)社(she)では申し込みのあった法人の実在確(que)認(ren)のため、固定電話や事(shi)業(ye)所の所在について確(que)認(ren)を行います。固定電話回線(xian)を設置することでカード会(hui)社(she)に営業(ye)実態がつかみやすいと好印象(xiang)を与えることが可(ke)能(neng)です。

大手カード会社(she)ほど申込者の本人(ren)確認がしっかりしているので、携帯電話(hua)(hua)しかない方は”03”や”06”のような固定電話(hua)(hua)番号を利用できるIP電話(hua)(hua)サービスが低価格で提供(gong)されているので検討してみてください。

代表者の個人カードをグレードアップする

代表(biao)者(zhe)個人(ren)のクレジットカードをグレードアップすると法人(ren)カードの審査に通過できる可(ke)能性が高くなります。ステータスの高い個人(ren)用クレジットカードを利用していると代表(biao)者(zhe)自(zi)身の信(xin)用度が高いとみなされ、法人(ren)カードの審査に好影響となるからです。

会社のホームページやSNSを用意する

ネットで申し込む法人(ren)カードは、事務所(suo)に訪問したり実地調査ができないので、会社のホームページや twitter などのSNSを確認(ren)する可能(neng)性(xing)がとても高(gao)いです。

ゴージャスなホームページにする必要はないですが、ホームページが無い場合は事業内容や会社の実態が伝わりませんので気を付けましょう。
ホームページを設置する際には、社名(屋号)、代表者名、連絡先など、法人カードの申し込み内容と一致するようにしてください

年会費が安い法人カードを選ぶ

個人(ren)用(yong)のクレジットカードと違って、法(fa)人(ren)カードは利(li)用(yong)額(e)も多(duo)(duo)く、年会費を高額(e)に設定し、審(shen)査基準も厳しくして利(li)用(yong)客を限(xian)定するものが多(duo)(duo)かったのですが、最近は年会費を安くすることで敷居を低くして積(ji)極的に集客する法(fa)人(ren)カードが出てきました。

年会費が2,000円未満であったり、特に年会費が無料になっている法人カードはおすすめだと言えます

審査通過したい方向けの法人カード はこちら

利用枠、限度額が低い法人カードを選ぶ

法人カードの審査の中身は、本人確認と与信審査です。
与信審査は、カードの利用代金をカード会社が確実に回収するために行うものなので、限度額が高い方が審査基準は厳しくなります。
法人カードの審査が不安な方には、限度額が低い法人カードを最初に作り、利用実績を積み重ねてからカード利用枠を増やしていくことをおすすめしています

審査通過したい方向けの法人カード はこちら

必要書類が少ない法人カードに申し込む

法人カードに申し込む際に、必(bi)要書類が少ない方がチェック項目が少なく、審査が通りやすくなる傾向があります。

決算書・登記簿謄本・代表者の本人確認書類が代表的な法人カード申込みに必要な書類ですが、できるだけ必要書類が少ないものを選びましょう

このページで、”審査に通過したい方向けにおすすめしている法人カード” は、全て決算書や申告書、銀行の残高など業績に関する審査資料が不要なため、”売り上げが無い”、”事業立ち上げ中で赤字” でも申し込みができる法人(ren)カードだけを紹(shao)介しています。

審査通過したい方向けの法人カード はこちら

継続年数の条件がゆるい、無い法人カードに申し込む

法人カードに申し込みする会社・個人事業が設立1~2年未満の場合は、設立から何年経っているかという継続年数の条件がゆるい法人カードを選んで申し込みましょう。最近(jin)は、継続年数の条件が無い、設立直後でもOKの法人カードがありますので、おすすめです。

このページで、”審(shen)査に通過(guo)したい方向けにおすすめしている法人カード” は、全て継続(xu)年数が不問の法人カードです。

また、創業したばかりのスタートアップ専用法人カードも紹介しています。

審査通過したい方向けの法人カード はこちら

「審査なし」の法人カードに申し込む

世の中よく探してみると色々なサービスがあり、中には ”審査なし 法人カード” というものが存(cun)在します。

法人カードにも

  • 法人クレジットカード
  • 法人プリペイドカード
  • 法人デビットカード

と大きく3つの種類があり法人クレジットカードが一番審査が厳しいです。

法人デビットカード

法(fa)人(ren)デビットカードは、ネット銀行などに法(fa)人(ren)口(kou)座を開設(she)するときに審査が必要になりますが、口(kou)座が開設(she)できてしまうと法(fa)人(ren)デビットカードの審査は”ほぼ無い”といえるでしょう。 しかも中にはポイント還元率が1%になるものも存(cun)在するのでおすすめです。

詳しくは⇒ GMOあおぞらネット銀行の法人デビットカードは 還元率1.0%

法人プリペイドカード

法人プリペイドカードは、与信審査そのものが存(cun)在しないのでかなり確実に作ることができます。 デメリットは、クレジットカードとは違い、予めカード残高にチャージする必要があることです。

このページで、”審査に通(tong)過したい方向けにおすすめしている法人カード” にも法人プリペイドカードが紹介(jie)されています。

審査通過したい方向けの法人カード はこちら

キャンペーンを利用して申し込む

カード会社はキャンペーンやプロモーションなど促進活動が活発ですが、ねらい目なのは「新規入会キャンペーン」です

キャンペーン予算を組んでノルマが設定されることが多いため、審査の際(ji)に優遇される可能性(xing)が高いですし、年会費が特別に無料になったり、入会すると3,000円(yuan)~1万(wan)円(yuan)程(cheng)度のポイントやギフト券がもらえるので一石(shi)二(er)鳥(niao)と言(yan)えます。

実は法人カード、審査通りやすいカードがあるんです。

カード会社は様々な企(qi)業(ye)を想定(ding)して多彩な種類(lei)の法人カードを発(fa)行(xing)しています。大企(qi)業(ye)、配送車や営業(ye)車が必(bi)須の会社、出張が多い会社、そして中小企(qi)業(ye)や設立(li)直後(hou)の法人や個人事業(ye)主(zhu)向けに用意された法人カードがあり、適切なカードを選択(ze)することで審査落ちの可能性はかなり低くなります。

特に最近になってクレジットカード会社は、法人カードの契約数を増やしたいためにフリーランス、副業、起業ブームに乗って「起業したて」「信用が足りない」会社でも審査が通りやすい「中小企業・個人事業主専用クレジットカード」や「スタートアップ用法人カード」を特別にラインナップしているんです!

自分(fen)(fen)に合った審(shen)査に通(tong)りやすい法人カードを見(jian)分(fen)(fen)けるコツを理解して、間違った法人カードに申し込んで審(shen)査に落ちないようにしましょう。

赤字でもOK、審査基準が甘くゆるい法人クレジットカードは?

今までの法人カードでは審査条件を満たせなかった方でも通りやすい「中小企業・個人事業主専用クレジットカード」の見分け方としては申し込みに必要な提出書類が少ない、限度額が少ない、審査が早い、年会費が無料など敷居が低い法人カードになります。

これから紹(shao)介するカードは法人カードを初(chu)めて作る、新(xin)設(she)法人や小規模法人、個人事業主、フリーランスを対(dui)象(xiang)としていますので、審(shen)査に自信がない方、特に審(shen)査に落ちてしまった方は諦める前(qian)に一考の価値があります。

特に決算書や申告書など 売り上げに関する書類は一切不要なので、設立1年未(wei)満で決算(suan)書や申告書が無い、売り上げがまだ少ない、業績が赤(chi)字(zi)などの理由で、審査が不安な方でも安心して申し込むことができます。

三井住友カードのような大手クレジットカード会社(she)も参入しており、各(ge)社(she)法人カードの特(te)典はもちろんですが、中にはビジネスシーンで輝くステータスカードもありますので、是非検(jian)討してみてください。

【大公開】審査通過したい方向けの法人カード

審査に必要な書類がほとんどなく、限度額や年会費を低くして敷居を下げ、設立直後で ”売り上げが無い”、”事業立ち上げ中で赤字” でも申(shen)し込みが可能(neng)な中小企業(ye)・個人(ren)事業(ye)主向けの法人(ren)クレジットカードを紹介します。

会社の売(mai)上(shang)や継続年数の条件がないので、小規模(mo)法(fa)人や個人事(shi)業(ye)主、フリーランス、副業(ye)で事(shi)業(ye)を行われており、審査が不安(an)な方(fang)でも安(an)心して申し込みができます。

デメリットとしては 審査によっては限度額が10万~50万円程度におさえられてしまうことがありますが、事業用のクレジットカードを確実に作りたい方におすすめしています。

審査が無い法人デビットカードやプリペイドカードもおすすめ

既に法人カードの審査に落ちてしまった方やどうしても審査に自信が持てない方には、”審査が無い法人カード”としてデビットカードとプリペイドカードも紹介(jie)しています。

クラウドサービスやシェアオフィスなどカードが無いと契約できないサービスが増えているので”審査が無く”確(que)実に作(zuo)ることができる法人デビットカード&プリペイドカードもおすすめです。

UPSIDER – 創業期のスタートアップ用法人カード

【法人クレジットカード】「UPSIDERカード」は創業期の中小スタートアップ企業向けに特別に作られた法人用クレジットカードです。 独自の審査方法を採用、年会費は永年無料、ポイント還元率は1.0%~1.5%、さらに限度額は最高10億円と他(ta)に類を見ないスペックで、創業期の法人を強力にバックアップします。

いままでの法人カードとは違い実績が乏しいスタートアップ向(xiang)けに独(du)自の審査基準を設(she)定(ding)しているため会社(she)を創(chuang)業したばかりという理由で審査が不(bu)安(an)な経(jing)営(ying)者に大人気、利用社(she)数は既に2.5万社(she)を超え利用継続率も99%以(yi)上を達成しています。

赤字でも上場できる企業があるのと同様にUPSIDERも同様のスタンスで過去の実績よりは将来性が有望なスタートアップを支援する目的の法人カードとして開発されているため、2022年にグロース市場に新規上場した企業の20%以上が利(li)用(yong)、上場予(yu)備軍の有名スタートアップも多数(shu)利(li)用(yong)している法人(ren)Visaカードです。(note、sansan、SmartHR、SmartNews、yappliなどWebサイトに主要な導入(ru)スタートアップ企業(ye)のロゴがあります⇒)しです。

発(fa)行している”株式(shi)会社UPSIDER(アップサイダー)”も、三菱UFJ、三井住(zhu)友、みずほの3大メガバンク系VCを含め国内(nei)外(wai)の著名金融機関(guan)から2022年10月までに467億円もの資金調達を達成(cheng)している日本(ben)の代表(biao)的なフィンテック企業です。

UPSIDERは創業期のスタートアップ用法人カード

UPSIDER のおすすめポイント
  • 中小スタートアップ事業者向けの独自の審査方式を採用
  • 利用社数は25,000社超、利用継続率も99%以上
  • 設立直後でも申し込み可能
  • 日本、海外のVisa加盟店で利用可能
  • 年会費永年無料
  • ポイント還元率1.0%~1.5%

関連記事➡ UPSIDER法人カードの評判からメリットとデメリットを分析

マネーフォワードビジネスカード – 審査なし

【法人プリペイドカード】 おすすめの法人プリペイドカードは、会計ソフトで有名な株式会社マネーフォワードが提供する「マネーフォワードビジネスカード」です。

マネーフォワードビジネスカードのデザイン画像-VOIX

世界中のVisaの加盟店で使用でき、限(xian)度額(e)は”なし!”、法人プリペイドカードなので審査はもちろん不要、申込手(shou)続きからカードの利用状況の管理まですべてネット完結なのでとても便利です。 最短(duan)即日(ri)発行に対応(ying)しています。

マネーフォワードビジネスカードのおすすめポイント
  • 与信審査なし
  • 年会費は実質無料
  • 海外手数料も実質無料
  • 一か月あたりの決済額(e)上限なし
  • 一取引あたり最大5,000万円の高額決済(ji)が可能
  • ポイント還元率1〜3%と高い
  • リアルカードとバーチャルは何(he)枚でも発行できる
  • マネーフォワード クラウドと連携できる
  • 設立直後でも申し込み可能

関連記事➡ 法人プリペイドカードのメリットを比較

関連記事➡ 審査なし、マネーフォワードビジネスカードのポイント還元率など評判とは

GMOあおぞらネット銀行 ビジネスデビット – 審査なし

【法(fa)人デビットカード】 法(fa)人カードより審査(cha)が簡単なネット銀行(xing)の法(fa)人銀行(xing)口座を作ると審査(cha)なしで作れる、年会費永年無料のVisa法(fa)人デビットカードです。

ポイント還元ではなくキャッシュバックですが、還元率(lv)は最(zui)高1.5%もあります。 設立1年未(wei)満の小規模法人(ren)や個人(ren)事業主もOKです。

「GMOあおぞらネット銀行 ビジネスデビット」の券面画像
GMOあおぞらネット銀行 ビジネスデビットのおすすめポイント
  • 年会費永年無料
  • 与信審査なし
  • 最高1億円の余裕ある利用枠
  • キャッシュバック還元率最高1.5%
  • 法人、個人事業主、フリーランスが対象。スタートアップにも
  • 設立1年未満でもOK
  • GMOあおぞらネット銀行の口座を開設すると無審査で作れる
最短(duan)即日 口座開設
振込手数料 無料
口座維持費 無料

関連記事➡ GMOあおぞらネット銀行 法人口座 開設の必要書類や審査落ちしない秘訣やメリットとは

 

法人カードの審査

法人カードには必ず審査がありますが、基準を理解して通過のための準備(bei)をすれば、ハードルを越えやすくすることは不可能ではありません。さらに審査基準がゆるいカードを選択すれば、失敗なしで作成することも難しくはないでしょう。審査条件を満たしていないからと諦めず、適(shi)切なカードを選択し準備(bei)をすれば法人カードの作成も可能ですので、是(shi)非参考にしてみてください。

請求書カード払い

「請求書カード払い」比較

請求書カード払い」というサービスをご存知ですか?
クレジットカードを使って取引先への支払いを最大60日間先延ばしできる法人や個人事業主、フリーランス向けのサービスです。

手(shou)数料はファクタリングより安く、審査がないので新(xin)しく手(shou)軽な資(zi)金繰(qiao)り改(gai)善手(shou)段として人気急(ji)上昇中、大手(shou)カード会社が運営(ying)に関(guan)わっている点も安心で好評かです。

評判の「請求書カード払い」を比較
おすすめはどれ?

審査なし 法人カード はある?

審査なしの法人カードとして、法人デビットカード&プリペイドカードがあります。

法人カードには大きく分けて “法人クレジットカード” 、”法人デビットカード”と”法人プリペイドカード” の3種類があります。

  • 法人カードの種類
  • 法人クレジットカード
  • 法人デビットカード
  • 法人プリペイドカード

法人カードの審査 内容と目的

法人カードの審査の内容は大きく分けて2つ “本人確認” と “信用審査(与信審査)” です。

  • 法人カードの審査 内容と目的
  • ①申込者の本人確認
    申込者本人が実在し年齢など申込条件に合っているか”本人確認”としての審査を行います。主に犯罪防止としての身元確認が目的ですね。
  • ②申込者の信用を審査
    法人カードを使用した代金を1~2ヵ月後に銀行口座から引き落としができるか”信用審査(与信審査)”を行います。こちらは、カード会社の損失防止のための与信審査が主な目的になります。

法人(ren)クレジットカードと法人(ren)プリペイドカード の審査(cha)の違いを見てみましょう。

法人カードの審査内容を比較

法人デビットカード
法人プリペイドカード
法人クレジットカード
①本人確認 有り 有り
②信用審査 無し 有り

 

審査方法の比較表の通り、法人クレジットカードは本人確認と審査の両方がありますが、法人デビットカードと法人プリペイドカードは 本人確認のみで与信審査はありません

法人デビットカードと法人プリペイドカード に向いている会社は?

以下(xia)に2つ以上当てはまる会社は、法人デビットカード&プリペイドカードは有力な選択肢(zhi)になるはずです。

  • 法人クレジットカードの審査に落ちてしまった
  • 事業用に法人カードを確実に作りたい
  • 会社を設立したばかり
  • 会社の売上、利益がまだ少ない
  • 代表者が役員報酬を低く抑えている
    ※代表者の所得が低いと信用度が低くなる傾向があります。
  • 法人カードの限度額が足りなくなった
  • 5名~100名程度の従業員に安全に法人カードを持たせたい
    ※従業員の経費精算に関わる業務が削減できます。

 

おすすめ 法人デビットカード「GMOあおぞらネット銀行 ビジネスデビット」

おすすめの法人(ren)デビットカードは、GMOあおぞらネット銀行が提(ti)供している「ビジネスデビット」です。

融資やローンとは違い、銀行の”口座開設(she)”は合(he)法的な事業者であるかなどコンプライアンスチェックが中心で与信(xin)審査が無いため法人(ren)カードより審査が通(tong)りやすいと言われています。

GMOあおぞらネット銀(yin)行は”スタートアップ向け銀(yin)行”というスローガンで新設(she)法人を中(zhong)心にスタートアップ&ベンチャー企業(ye)を中(zhong)心に顧客開拓しているため創業(ye)期の中(zhong)小事業(ye)者が口座を開設(she)しやすいと評判の銀(yin)行です。

VisaとMastercardブランドが選(xuan)択でき、JCBやアメックスは選(xuan)べません。

「GMOあおぞらネット銀行 ビジネスデビット」の券面画像
GMOあおぞらネット銀行 ビジネスデビットのおすすめポイント
  • 年会費永年無料
  • 与信審査なし
  • 最高1億円の余裕ある利用枠
  • キャッシュバック還元率最高1.5%
  • 法人、個人事業主、フリーランスが対象。スタートアップにも
  • 設立1年未満でもOK
  • GMOあおぞらネット銀行の口座を開設すると無審査で作れる
最短即日 口座開設
振込手数料 無料
口座維持費 無料

関連記事:GMOあおぞらネット銀行 法人口座 開設の必要書類や審査落ちしない秘訣やメリットとは

 

おすすめ 法人プリペイドカード「マネーフォワードビジネスカード」

おすすめの法人プリペイドカードは、会計ソフトで有名な株式会社マネーフォワードが提供する「マネーフォワードビジネスカード」です。

世界中(zhong)のVisaの加盟店で使用でき、限度額は”なし!”、法人プリペイドカードなので審査はもちろん不要、申(shen)込手続きからカードの利(li)用状況の管(guan)理まですべてネット完結(jie)なのでとても便利(li)です。 最短即日発行に対応しています。

Visaブランドが選択でき、JCBやアメックスは選べません。

マネーフォワードビジネスカードのおすすめポイント

マネーフォワードビジネスカードのデザイン画像-VOIX

  • 与信審査なし
  • 年会費は実質無料
  • 海外手数料も実質無料
  • 一か月あたりの決済額上限なし
  • 一取(qu)引(yin)あたり最大5,000万円(yuan)の高額決済が可(ke)能
  • ポイント還元率1〜3%と高い
  • リアルカードとバーチャルは何(he)枚でも発(fa)行できる
  • マネーフォワード クラウドと連携できる
  • 設立直後でも申し込み可能

関連記事➡ 法人プリペイドカードのメリットを比較

関連記事➡ 審査なし、マネーフォワードビジネスカードのポイント還元率など評判とは

 

▼法人プリペイドカードの特集記事
法人プリペイドカード 3選、専門家が比較し審査の甘い最安プリカを紹介

 

請求書カード払い

「請求書カード払い」比較

請求書カード払い」というサービスをご存知ですか?
クレジットカードを使って取引先への支払いを最大60日間先延ばしできる法人や個人事業主、フリーランス向けのサービスです。

手(shou)数料はファクタリングより安(an)く、審(shen)査(cha)がないので新しく手(shou)軽な資金繰り改善手(shou)段として人気急上(shang)昇中、大手(shou)カード会社(she)が運営(ying)に関わっている点(dian)も安(an)心(xin)で好評(ping)かです。

請求書カード払いのメリットとデメリット

法人カード 審査 必要書類

法人カード、ビジネスカードは、各カード会社、各カード種類によって申し込み審査時に必要な書類にかなり違いがあります

事(shi)前に必要書類を確認して用意すれば、かなりスムーズに申し込(込)みを済ませることができます。

また、どのような項目を審査で確認するのか想定(ding)できます。

三井住友カード 法人カード 審査 必要書類

三井住友カード

三井住友ビジネスカード for Owners クラシック の審査に必要な書類

  • 運転免許証 または 運転経歴証明書(所有している人のみ)
  • 引き落とし口座に設定する、銀行の口座番号(ゆうちょ銀行の場合は通帳番号)

関連記事:三井住友ビジネスカード for Owners を専門家が分析

三井住友ビジネスゴールドカード for Owners の審査に必要な書類

  • 運転免許証 または 運転経歴証明書(所有している人のみ)
  • 引き落とし口座に設定する、銀行の口座番号(ゆうちょ銀行の場合は通帳番号)

関連記事:三井住友ビジネスカード for Owners を専門家が分析

三井住友ビジネスプラチナカード for Owners の審査に必要な書類

  • 運転免許証 または 運転経歴証明書(所有している人のみ)
  • 引き落とし口座に設定する、銀行の口座番号(ゆうちょ銀行の場合は通帳番号)

関連記事:三井住友ビジネスカード for Owners を専門家が分析

セゾンアメックス 法人カード 審査 必要書類

セゾンアメックスビジネスカード

セゾン プラチナビジネス アメックス の審査に必要な書類

  • 運転免許証 または 運転経歴証明書(所有している人のみ)
  • 引き落とし口座に設定する、銀行の口座番号(ゆうちょ銀行の場合は通帳番号)

関連記事:セゾンプラチナ・ビジネス・ アメックスを専門家が分析

セゾン コバルトビジネス アメックス の審査に必要な書類

  • 運転免許証 または 運転経歴証明書(所有している人のみ)
  • 引き落とし口座に設定する、銀行の口座番号(ゆうちょ銀行の場合は通帳番号)

法人カードの審査についてよくある質問

Q

法人カードの審査に落ちたときはどうすればよいですか?

A

法人カードの審査に落ちた理由として、大きくは以下2点が考えられます。
1:自分・自社に合っていない法人カードを選んでしまった選択ミス
2:そもそもクレジットカードの審査基準に達していない。
そして以下手順を参考に対策をしてください。
●選択ミスについては審査基準の要素を確認してください。
法人カード審査基準の4大要素
●法人カードの審査に通るための対策を確認し実施する。
法人カードの審査対策としてできること
●敷居が低い法人カードの中から検討する
審査通過したい方向けの法人カード
●審査が必要ない法人カードの中から検討する
”審査なし”法人カード

Q

審査が甘く通りやすい法人カードはありますか?

A

全ての事業者に対して審査が甘く通りやすい法人カード厳密にはありません。 何故ならカード会社が対象事業を絞り込んで提供する場合が多いからです。
例えば大手の優良企業でも個人事業主向けの法人カードに申し込みしても対象外として審査に落ちる可能性は高いです。
また、赤字や会社登記当日でもスタートアップや創業時期を対象にした法人カードに申し込みをすると審査が通りやすいです。 各法人カードごとの対象を知り、正しいカードを選択するようにしてください。
●選択ミスについては審査基準の要素を確認してください。
法人カード審査基準の4大要素
●法人カードの審査に通るための対策を確認し実施する。
法人カードの審査対策としてできること
●敷居が低い法人カードの中から検討する
審査が甘く通りやすい法人カード
●審査が必要ない法人カードの中から検討する
審査がない法人カード

Q

赤字でも審査が通りやすい法人カードはありますか?

A

赤字でもスタートアップや創業時期を対象にした法人カードに申し込みをすると審査が通りやすいです。 各法人カードごとの対象を知り、正しいカードを選択するようにしてください。
●選択ミスについては審査基準の要素を確認してください。
法人カード審査基準の4大要素
●法人カードの審査に通るための対策を確認し実施する。
法人カードの審査対策としてできること
●敷居が低い法人カードの中から検討する
審査が甘く通りやすい法人カード
●審査が必要ない法人カードの中から検討する
審査がない法人カード

Q

会社登記したばかりでも審査が通りやすい法人カードはありますか?

A

会社登記当日でもスタートアップや創業時期を対象にした法人カードに申し込みをすると審査が通りやすいです。 各法人カードごとの対象を知り、正しいカードを選択するようにしてください。
●選択ミスについては審査基準の要素を確認してください。
法人カード審査基準の4大要素
●法人カードの審査に通るための対策を確認し実施する。
法人カードの審査対策としてできること
●敷居が低い法人カードの中から検討する
審査が甘く通りやすい法人カード
●審査が必要ない法人カードの中から検討する
審査がない法人カード

 

おすすめの法人カード関連記事

法人ゴールドカード おすすめ 比較

中小企業におすすめできる法人ビジネスクレジットカード 特集

副業におすすめのクレジットカード 特集

法人カードで年会費無料のおすすめカードとは

法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手(shou)ニュースサイトに連載(zai)経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円(yuan)でも多く得したい。」

ページトップへ