エヴァゴジラピンボール

評判のペイトナー請求書、メリットとデメリットは?

評判のペイトナー請求書、メリットとデメリットは?

ペイトナー請求(qiu)書とは

ペイトナー 請(qing)求書とは簡(jian)単(dan)にいうと、請(qing)求書に関わる回収や電子(zi)化(hua)、振込作(zuo)業を自動化(hua)する初期費(fei)用無料(liao)・月額利用料(liao)金も無料(liao)から始められるクラウドサービスです。 気になるメリットやデメリットを評判や口(kou)コミから分析(xi)し詳(xiang)しく解説(shuo)していきます。

請求書管理から振込作業まで簡単に自動化

ペイトナー 請(qing)求(qiu)書(shu)は、月(yue)末に請(qing)求(qiu)書(shu)の支払いで振込作(zuo)(zuo)業(ye)がたいへんだったり、リアル&デジタルが混在(zai)する請(qing)求(qiu)書(shu)の管理(li)や税理(li)士との連携などをまとめて請(qing)求(qiu)書(shu)の回収、電子化、振込まで一連の請(qing)求(qiu)書(shu)処理(li)業(ye)務(wu)を自(zi)動化できるので、請(qing)求(qiu)書(shu)にかかわる作(zuo)(zuo)業(ye)時(shi)間(jian)やミス、業(ye)務(wu)時(shi)間(jian)を大幅に削減(jian)して経理(li)業(ye)務(wu)を効率的にして精度も高めます。

一人親方なら無料で使える料金体系が魅力

ペイトナー 請求書の料金は、社長一(yi)人で運営しているのであれば無料でほぼ全ての機能が使える「フリー版」がお得(de)です。

ペイトナー 請求書のロゴ画像

サービスの資料ダウンロードはこちら

ペイトナー 請求書 5つのメリット

  1. 請求書の自動文字起こし機能
  2. 請求書を自動回収、電帳法にも対応
  3. 支払い期日に自動で振り込み
  4. フリープランの提供を開始
  5. 複数アカウント発行機能を追加

請求書の自動文字起こし機能

請求書(shu)を読み取(qu)り、振(zhen)(zhen)込先(xian)と金額が自動で文(wen)字起こしされるのでデジタル化がラクラク&振(zhen)(zhen)込ミスもゼロ。

請求書を自動回収、電帳法にも対応

バラバラに届いて管理が大変な請求書も、専(zhuan)用メールアドレスに送るだけで請求書を自動回収でき、管理がラクラク。 電(dian)(dian)子帳(zhang)簿保存法にも対(dui)応した電(dian)(dian)子化まで自動で完了(le)なので申告時(shi)も安心。

支払い期日に自動で振り込み

支払いに関(guan)しても請(qing)求書(shu)が何枚(mei)あっても1クリックで支払日(ri)(ri)に自(zi)動(dong)振り込みができる予約機能により支払い期日(ri)(ri)に自(zi)動(dong)で振り込まれるので、月末(mo)のイライラから解消。

フリープランの提供を開始

請求書(shu)(shu)の振(zhen)込業務を自動化するスモールビジネス向けの請求書(shu)(shu)受領サービス「ペイトナー 請求書(shu)(shu)」において月額費用(yong)0円の「フリープラン」を正式に提供を開始しました。

複数アカウント発行機能を追加

ペイトナー 請求書の新機能(neng)として複数アカウント発行(xing)機能(neng)が追(zhui)加されました。

複(fu)数(shu)部署間や複(fu)数(shu)人でのシステム利用(yong)が可能になり、チームでの作業効率(lv)を向上させるため請求書の回(hui)収と確認に要する業務工数(shu)をより一層削減できるようになります。

ペイトナー 請(qing)求書(shu)の利用者は、創業(ye)期の代表(biao)者や役員(yuan)が兼任(ren)で経理業(ye)務(wu)を行(xing)っている企業(ye)が導(dao)入していましたが、「組織(zhi)拡大(da)した際に利用できる権(quan)限設定(ding)がほしい」「社内間の請(qing)求書(shu)の回収の手間を無くしたい」などといった要望が増えてきたため新(xin)機能を追加したとしています。

ペイトナー 請求書 2つのデメリット

  1. GMOあおぞらネット銀行の口座開設が必要
  2. 振込手数料が必要

GMOあおぞらネット銀行の口座開設が必要

ペイトナー 請求書を利用するためにはGMOあおぞらネット銀行が提供する為替資(zi)金預り口(kou)座(zuo)の開設が必(bi)要(yao)です。 口(kou)座(zuo)開設は無料(liao)ですし中小企業向けにメリットが多く人(ren)気(qi)の法人(ren)口(kou)座(zuo)なのですが、口(kou)座(zuo)解説の手(shou)間がかかります。

振込手数料が必要

ペイトナー 請(qing)求(qiu)書は月額費用(yong)は無料ですが、自動振り込み機能(neng)を使ったときに、1件(jian)当(dang)たり振込手(shou)数料¥300が必要になります。

それほど高い金(jin)額ではないですし、作業効(xiao)率(lv)を考えたら良心的な料金(jin)プランだと思います。

ペイトナー 請求書の料金、手数料

ペイトナー 請(qing)求書は3つの料金プランから選択できます。

フリープラン

  • 料金:月額利用料金0円 振込手数料300円/件
  • 概要:ひとり社長〜小規模チーム向けのプランです。支払いから会計までのほぼ全ての機能が利用可能です。

ミディアムプラン

  • 料金:月額利用料金10,000円 振込手数料300円/件
  • 概要:チームでの作業を想定したプランです。フリープランに加え、簡易的なワークフローなどの利用が可能です。

プレミアムプラン

  • 料金:月額利用料金30,000円 振込手数料300円/件
  • 概要:細かな会計に対するニーズへの対応および、手厚い利用サポートを提供します。

※全ての有料(liao)プランの利(li)用については、2023年9月30日まで月額(e)利(li)用料(liao)無料(liao)で利(li)用可能(neng)で。

 

ペイトナー 請求書

ペイトナー 請求書の料金は、請求書の管理・振込・税理士への連携といった
請求(qiu)書にまつわる作業時間の、約75%を削(xue)減できます。

ペイトナー 請求書のロゴ画像

サービスの資料ダウンロードはこちら

ペイトナー 請求書が受取から振込まで自動化する仕組みに関する特許を取得

ペイトナー 請求書が受取から振込まで自動化する仕組みに関する特許を取得

「ペイトナー 請(qing)求書」の請(qing)求書の受(shou)取から振込(込)までの一連(lian)の業務(wu)を自動化する仕組(zu)みにおいてペイトナー株式会社が特許を取得しました。

一連の請求書(shu)業務を自動(dong)化(hua)することで、一人社長による経理業務や、組織化(hua)された業務フローを持たない企(qi)業の請求書(shu)処理業務の負担を軽減(jian)します。

ペイトナー 請求書の特許について

  • 発明の名称:買掛金を管理するための装置、方法及びプログラム
  • 特許番号:特許第7239669号
  • 特許権者:ペイトナー株式会社

ペイトナー 請求書がインボイス制度対応に向けた機能開発を発表

ペイトナー 請求書においてインボイス制度(du)の運用開始(shi)を見据えた機能追(zhui)加(jia)を予(yu)定(ding)しています。 インボイス制度(du)への対(dui)(dui)応(ying)はスモールビジネス事(shi)業(ye)者にとって大きな業(ye)務(wu)(wu)負(fu)担となることが想定(ding)されるため、業(ye)務(wu)(wu)を効率(lv)化し、法対(dui)(dui)応(ying)を円(yuan)滑に進(jin)めることは急務(wu)(wu)であると考えています。実際(ji)にペイトナー 請求書を利用する企業(ye)様から法対(dui)(dui)応(ying)に関する機能要望を多く受けており、今回(hui)の機能追(zhui)加(jia)によって業(ye)務(wu)(wu)負(fu)担の課(ke)題(ti)の解(jie)消を推進(jin)します。

ペイトナー株式会社概要

  • 会社名 :ペイトナー株式会社(旧yup株式会社)
  • 所在地 :〒107-6003 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階
  • 設立  :2019年2月
  • 代表者 :代表取締役 阪井 優
  • 事業内容:BtoB決済サービスの提供、与信モデルの企画・開発・運営
 ▼参考資料

・適格請求書等保存方式の円滑な導入等に係る関係府省庁会議資料()
・中小企業(ye)/零細企業(ye)の課税事(shi)業(ye)者436人を対象「インボイス制度に関する調査」()

 

ペイトナー 請求書

ペイトナー 請求書の料金は、請求書の管理・振込・税理士への連携といった
請(qing)求書(shu)にまつわる作業時(shi)間の、約75%を削減できます。

ペイトナー 請求書のロゴ画像

サービスの資料ダウンロードはこちら

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融(rong)アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経(jing)験あり。 自(zi)身も複(fu)数会社を経(jing)営し、通(tong)算で法人カードを15枚以(yi)上作成経(jing)験あり。 座(zuo)右の銘は「死ぬまでに1円でも多(duo)く得したい。」

ページトップへ