エヴァゴジラピンボール

JCBゴールド ザ・プレミアの招待条件とは?通常2年必要なカードを数ヶ月で入手できるキャンペーン中!

JCBゴールド ザ・プレミアの招待条件とは?通常2年必要なカードを数ヶ月で入手できるキャンペーン中!

JCBゴールド ザ・プレミア とは

株式会社ジェーシービー()が発行(xing)する、JCB ORIGINAL SERIESの特(te)別(bie)なステイタス、招待(dai)制(インビテーション)カード「JCBゴールド ザ・プレミア」をご存知(zhi)でしょうか。

「JCBゴールド ザ・プレミア」とは「JCBゴールド」を利用中の方の中で一定の条件を満たした方のみに案内が届くワンランク上のステータスカードとなり、JCBプレミアムカードの中でも上位(wei)クラスの1枚です。

今回はそんな誰もが羨む「JCBゴールド ザ・プレミア」の招待条件や、入手(shou)しやすくなる「早期お切り替えキャンペーン」についても紹介します。

2023年12月16日から集計開始

「JCBゴールド ザ・プレミア」の招待(dai)条件(jian)である、JCBゴールドの利用額を集計する期間は12月(yue)16日~翌年12月(yue)15日です。

JCBゴールドのデザイン画像

2023年12月16日から集計開始
初年度 年会費無料
土日祝日も最短5分で即日発行
入会キャンペーン開催中

JCBゴールドとJCBゴールド ザ・プレミアとの違いは?

JCBゴールドとJCBゴールド ザ・プレミアとの違(wei)いは、主(zhu)に以(yi)下5点です。

JCBゴールドとJCBゴールド ザ・プレミアとの違い5選

  1. JCBゴールドはネットで申し込みができる、ゴールド ザ・プレミアは招待制
  2. JCBゴールドの年会費は11,000円、ゴールド ザ・プレミアの年会費は16,500円
  3. プレミアムで洗練されたカードデザイン
  4. ラウンジやホテルなどの優待サービス「JCBプレミアムステイプラン」「海外ラグジュアリー・ホテル・プラン」「JCB Lounge 京都(dou)」「USJ JCBラウンジ 」
  5. ポイント優遇率10%アップ

JCBゴールド ザ・プレミアの招待条件とは?

招待(インビテーション)カードであるJCBゴールド ザ・プレミア。一定の利(li)用金額に達(da)した方のみが手にすることができるステータスカードですが、招待条(tiao)件(jian)は以下のようになっており、毎(mei)年(nian)2月(yue)下旬(xun)~3月(yue)上旬(xun)にEメールでご案(an)内(nei)されます。

2つのJCBゴールド ザ・プレミアの招待条件

  1. JCBゴールドを2年連続100万円(税込)以上利用している方、集計期間は12月16日~翌年12月15日です。
    ショッピング利用合計額は、JCBスターメンバーズの集計金額です。会員専用WEBサービス「MyJCB」から確認できます。
  2. 毎年1月末日までに、会員専用WEBサービス「MyJCB」に受信可能なEメールアドレスを登録している方。

 2025年(nian)からJCBゴールド ザ・プレミアの招待条(tiao)件が改訂

2025年(nian)2月下(xia)旬(xun)~3月上旬(xun)頃に予定されている、2025年(nian)のご招待条件(jian)が以下(xia)内容に改定されます。

  1. 2年間連続で100万円(税込)以上ご利用の方
    1年目の集計期間:2022年12月16日(金)~2023年12月15日(金)
    2年目の集計期間:2023年12月16日(土)~2024年12月15日(日)
  2. 1年間で200万円(税込)以上ご利用の方
    集計期間:2023年12月16日(土)~2024年12月15日(日)
招待条件が改訂され、一番のトピックは「2023年12月16日~2024年12月15日」の1年間に200万円使うと、最短1年でJCBゴールド ザ・プレミアの招待条件を満たすことができるようになります!
2023年12月16日から集計開始
初年度 年会費無料
土日祝日も最短5分で即日発行
入会キャンペーン開催中

「早期お切り替えキャンペーン」が開催中!

【このキャンペーンは終了しました】

JCBゴールド ザ・プレミアは招待制(zhi)のゴールドカードであり、通(tong)常は2年連続で100万円(税込)という利用実(shi)績に応(ying)じて入手(shou)(shou)することができるプレミアムなカードです。それなりに時間がかかるのでなかなか入手(shou)(shou)が難しいですね。

でも!今回の「早期お切(qie)り替えキャンペーン」は時間をかけずに数ヶ月でゲットすることができるので、ステータスと独自の特典を兼ね備(bei)えたJCBゴールド ザ・プレミアを入手するならこのタイミングがおすすめです。

通常、JCBゴールド ザ・プレミアは、取得までの条件としてJCBゴールドを所持している方の「利用金額が2年連続で100万円(税込)(合計200万円)」となっています。
しかし朗報です!今回のキャンペーンでは、数ヶ月で条件を満たすことができるのです!

JCBゴールド ザ・プレミアの条件期間

キャンペーン適用条件

  • 2022年7月1日~9月30日にJCBゴールドへ入会
  • JCBゴールド入会時に「お知らせメール配信」を登録
  • 入会後2022年10月31日までにキャンペーン登録
  • 2022年7月1日~12月15日に、合計100万円(税込)以上利用

上記条件を満たせば2023年2月(yue)頃に「JCBゴールド ザ・プレミア」の招(zhao)待(dai)(インビテーション)が届(jie)きます。

【キャンペーン参加方法まとめ】
「9月30日までにJCBゴールドに申し込みを行い、10月末までにキャンペーン登録し、2021年12月15日までに税込で合計100万円以上利用する」
シンプルなキャンペーンで参加しやすいですね!

JCBゴールド ザ・プレミアの年会費や還元率は?

JCBゴールド ザ・プレミアのスペックについて紹介します。JCBゴールドと違う点(dian)もあるので比較しながら見ていきます。

JCBゴールド ザ・プレミア

JCBゴールド ザ・プレミア

年会費 11,000円(税込)
※初年度11,000円分キャッシュバックキャンペーン中
サービス年会費 5,500円(税込)
※年間100万円(税込)以上のショッピング利用で
サービス年会費5,500円(税込)が無料
還元率 0.50%以上
還元率アップ制度あり
貯まるポイント Oki Dokiポイント

年会費

JCBゴールド ザ・プレミアの年(nian)(nian)(nian)会(hui)(hui)(hui)費(fei)は通常のJCBゴールドの年(nian)(nian)(nian)会(hui)(hui)(hui)費(fei)11,000円に加え、サービス年(nian)(nian)(nian)会(hui)(hui)(hui)費(fei)として5,500円がかかります。ただし年(nian)(nian)(nian)会(hui)(hui)(hui)費(fei)・サービス年(nian)(nian)(nian)会(hui)(hui)(hui)費(fei)ともに無料になる制度があります!

まず年会費について。現在はキャンペーン中なので上記「早期お切り替えキャンペーン」の条件を満たすことで初年度11,000円の年会費が無料となります!
また、サービス年会費5,500円(yuan)(税込(込))については、年間100万円(yuan)(税込(込))以上のショッピング利(li)用で無料となる制度(du)があるのでお得に利(li)用できますね!

還元率

還元率は通常0.5%と相場並ですが、JCBカードには「Oki Dokiボーナス」というポイント還元率がアップするプログラムが存在します。
JCBゴールド ザ・プレミアはボーナスアップの条件(jian)が良く、例えば年(nian)間100万円(税(shui)(shui)込)以上利用すると、ポイント還元率が60%もアップします。年(nian)間300万円(税(shui)(shui)込)以上の場合は70%のアップとなります。

年会費&還元率まとめ
年会費はキャンペーンでお得になりますし、還元率も使えば使うだけ高還元になるのが嬉しいですね。

JCBゴールド ザ・プレミアのメリット

JCBゴールド ザ・プレミアは特別な方のみが利(li)用(yong)できる招待(インビテーション)カードということもあり、通(tong)常のJCBゴールドにプラスして様(yang)々なメリットを享受することが可能です。

JCBゴールド ザ・プレミアの6つのメリットは以下の通(tong)りです。

  1. プライオリティ・パス
  2. JCBプレミアムステイプラン
  3. JCB Lounge 京都
  4. グルメルジュ powered by table request
  5. ポイントの保持期限が長い
  6. Oki Dokiボーナスが10%UP

プライオリティ・パス

世界140以上の国や地域、600を超える都市で1,300ヵ所以上の空港ラウンジ等を無料で利用できる会員サービスのことです。通常99ドルの年会費がかかりますが、JCBゴールド ザ・プレミア所有者は無料で発行することが可能です。
アルコールを含めた飲食やシャワールーム、シアタールームのある空(kong)港も存在し優雅な待ち時間(jian)を過(guo)ごすことが可(ke)能です。

JCBプレミアムステイプラン

日本全(quan)国の一(yi)流ホテルや上質な旅館を厳選して用意されており、オリジナルな特典や特別な価格で宿泊することが可(ke)能です。

JCB Lounge 京都

京(jing)都(dou)(dou)駅ビル内にある会員専(zhuan)用(yong)(yong)ラウンジ「JCBラウンジ京(jing)都(dou)(dou)(JCB Lounge 京(jing)都(dou)(dou))」が利用(yong)(yong)できます。無料の飲(yin)み物(wu)や無料のWi-Fi、雑誌や新(xin)聞などがあり、当日中の手荷物(wu)預かりサービスまであります。ゆったりとしたスペースで観(guan)光や出張の滞在に役(yi)立ちます。

グルメルジュ powered by table request

60年の歴(li)史を誇るJCBのコンシェルジュデスクが推奨する店(dian)舗をオンラインで簡単に検索&手配することができます。プレミアム会員にふさわしい飲食店(dian)が紹介されており、レストランのラインナップの質が評判です。

ポイントの保持期限が長い

通常JCBゴールドのOki Dokiポイントの保持(chi)(chi)期限は獲(huo)得月(yue)より3年(nian)間(36ヵ月(yue))ですが、JCBゴールド ザ・プレミアでは獲(huo)得月(yue)より5年(nian)間(60ヵ月(yue))となっており、2年(nian)分長(chang)くポイントを保持(chi)(chi)することが可能です。長(chang)期保有して失効(xiao)するリスクを避けられるのはメリットですね。

JCBゴールド ザ・プレミア
JCBプラチナ
JCB ザ・クラス
獲得月より5年間(60ヵ月)
JCBゴールド 獲得月より3年間(36ヵ月)

Oki Dokiボーナスが10%UP

JCBゴールドザ・プレミアではJCBのポイントプログラムであるOki Dokiボーナスアップにおけるポイントの優遇率がJCBゴールドと比較して10%分UPします。

JCBゴールドカードとJCBゴールドザ・プレミアは、カードの利用額(e)に応じてボーナスポイントが加算※1されます。下(xia)表にて比較してみました。

利用合計額 JCBゴールド ザ・プレミア JCBゴールド
300万円以上 70% 60%
100万円以上 60% 50%
50万円以上 30% 20%
30万円以上 20% 10%

300万円以(yi)上(shang)利用した場合(he)は70%のボーナスアップということになります。これはJCBの最(zui)上(shang)位グレードのカード「JCBザ・クラス(招待制)」と同じボーナスアップ条件となり高い還元率(lv)といえますね。

※1 特典の内容はメンバーランクによって異なります。メンバーランクは集(ji)計期間(jian)中の利用合計金(jin)額(税込)によって決まります。また、お持ちのカードのポイントプログラム名称によりメンバーランクの名称が異なります。

招待条件が改訂され、一番のトピックは「2023年12月16日~2024年12月15日」の1年間に200万円使うと、最短1年でJCBゴールド ザ・プレミアの招待条件を満たすことができるようになります!
2023年12月16日から集計開始
初年度 年会費無料
土日祝日も最短5分で即日発行
入会キャンペーン開催中

JCBゴールド ザ・プレミアのステータス評価

JCBゴールド ザ・プレミアは招待制のゴールドカードということもあってステータスの高いカードといえます。JCBカードにはグレードがありますが、下記のような順序となっています。

  1. JCBザ・クラス(招待制)
  2. JCBプラチナ
  3. JCBゴールド ザ・プレミア(招待制)
  4. JCBゴールド
  5. JCB一般カード

JCBゴールド ザ・プレミアはJCBプラチナに次ぐグレードです。ひとつ上の2.JCBプラチナは招待制ではありませんが、年会費が27,500円(税込)という高価なカードです。
JCBゴールド ザ・プレミアはそれに次ぐカードで特(te)典内(nei)容(rong)も近いものがあるので、JCBゴールド ザ・プレミアがいかにステータス性(xing)・機能性(xing)の優れたカードかが理解できると思います。

[New!!] JCBゴールド ザ・プレミアが新デザインに

JCBゴールド ザ・プレミアが新デザインに

2022年にJCBゴールド ザ・プレミアは新デザインになりました。セキュリティ向上の他に表面がナンバーレスになっています。
日本生まれの国際ブランドJCBによる「お客様(yang)の安全・安心(xin)を第一としたサービス」を表現するため漢(han)数字の「一」をモチーフとし、シンプルでスタイリッシュなデザインを採(cai)用しています。

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手(shou)ニュースサイトに連載経験(yan)あり。 自(zi)身(shen)も複(fu)数会社(she)を経営し、通算で法人カードを15枚以上作(zuo)成経験(yan)あり。 座右(you)の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ