エヴァゴジラピンボール

法人カード最強ベスト3を専門家が選定

法人カード最強ベスト3を専門家が選定

専門家監修の元、最強の法人(ren)(ren)カードを3枚(mei)+αを決めました。法人(ren)(ren)カードを選(xuan)ぶ際に、スペックで負けることはビジネスで不利になることを意(yi)味します。「できる限(xian)り高スペックかつビジネスが有利になるカードを選(xuan)びたい」という方向けの最強カードを3つ選(xuan)んで紹介します。

最強の法人カード 重視すべき要素

法人カード 最強を決める3要素

法人カードを選ぶ際に何を重視するかという調査では「ポイント還元率」「年会費」を挙げる方が多く、コスパを重視されている方が非常に多いことがわかります。

また、法人カードでは「利用限度額」に引っかかることでビジネスが制限されたり、大きな機会損失を生むことがあり、実はビジネス上では利用限度額も重視すべきだと考えます。

定量評(ping)価しやすいという理由(you)もあり、最強の法人カードを選(xuan)ぶ際には「ポイント還元率」「年会費」「利用(yong)限(xian)度額」の3大要素を比較(jiao)して検(jian)討していきます。

最強法人カード選びの3要件

要件 内容
年会費 維持費がかかるカードはおすすめしない。年会費が安く機能の良いカードが優秀と言える。
ポイント還元率 できるだけ高い方が良い。ビジネス用途では1年使えば相当数のポイントが貯まる。
利用限度額 限度額上限に達してで使えなくなるリスクは絶対に避けたい。実は最重要項目ともいえる。

最強法人カード選びで他に重視すべきこと

最強(qiang)法(fa)人(ren)カードでは上記の基(ji)本スペックが大事ですが、結局は法(fa)人(ren)や代表者の利用(yong)目(mu)的や利用(yong)シーンによりカードの選び方(fang)は変わってきます。

例えば、発行日数に時間がかからないスピード発行カードが最強という場合や、プラチナカードなどのステータスこそが最強という方(fang)(fang)もいるでしょう。今回は発(fa)行日(ri)数やどのような方(fang)(fang)に最適かという内容も紹介していきます。

高スペックカードは審査が厳しいか?

高(gao)い還元率(lv)や高(gao)い限(xian)度(du)額(e)など最高(gao)基(ji)準のスペックを持(chi)つカードだからといって決して審査が厳しいわけではありません。

今回紹介するカードのうち①UPSIDERカード②三井住友カード ビジネスオーナーズはむしろスタートアップや最初の法人カードとしてもおすすめです。③セゾンプラチナビジネスはプラチナカードですが書類提出が少なく起業直後(hou)でも申し込めるカードです。

最強でも申(shen)し込みにくいのでは、紹介する意味がありませんので、今(jin)回(hui)は申(shen)し込みやすいカードを選んでいます。

ただし、一般的にはゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードは審査基準がグッと高くなります。売上や年収の高い事(shi)業主向けのカードなので申し込む際(ji)には気をつけましょう。

最強の法人カード選定基準

要件 内容
年会費 永年無料:3点
初年度無料:2点
有料:1点
利用限度額 最大1000万円以上:3点
最大500万円以上:2点
最大100万円以上:1点
ポイント還元率 常時1%以上:3点
最高1%以上:2点
最高0.5%:1点
※マイル1%以上:+1

法人カード最強の3枚を紹介

  1. UPSIDERカード
  2. セゾンプラチナビジネス
  3. 三井住友カード ビジネスオーナーズ

ここからは上記の選定基準にもとづき、専門家監修の元、法人カードの最強のカード3枚を紹介します。もし法人カード選びが難しいと感じているようであれば、とりあえずこれらの最強法人カードから1枚、2枚を選んで申し込んでおけば困ることはないでしょう。

インボイス制度や電(dian)子帳簿保存法(fa)などに対応し高額の枠が必要な組織にはUPSIDERカード、初心者を含む多くの小規模事業者には三井住(zhu)友カード ビジネスオーナーズ。個(ge)人(ren)事業主や中小企業オーナー用にグレードとコスパが高いカードを望む方にはセゾンプラチナビジネスをおすすめします。

最強の法人カード1枚目:UPSIDERカード

最強法人カード UPSIDER法人カード

国際ブランド Visa
月会費 永年無料
追加カード年会費 無料(発行枚数無制限!)
ETCカード年会費
ポイント還元率 1.0%〜1.5%
利用限度額 最大10億円
申込条件 法人
必要書類 本人確認(WEB)
最短発行日数 バーチャルカード発行日数:即時発行
リアルカード発行日数:最短1営業日発行
※発行(xing)リクエスト後(hou)、3〜4営(ying)業日程(cheng)度でこリアルカード到(dao)着
設立1年未満 申込み可能

歴代No.1のスペック最強カード

UPSIDERは法人カードとしてスペック最強といえます。限度額はなんと最大10億円追加カードの発行枚数も無制限年会費永年無料ポイント還元率は1.0%~と基(ji)本的な数字がいずれもトップクラス。

さらに、独自審査を採用しているため作りやすいと創(chuang)業期のスタートアップやベンチャー企業のオーナーに人気(qi)です。UPSIDERは2023年(nian)10月時(shi)点で導入企業数が25,000社を突破しており、ここ数年(nian)で法人カードの覇権を握りつつあるカードです。

ブラックデザインで高級感も備える

ステータスという点で見ると「ゴールドカード」や「プラチナカード」というわけではありませんが、デザインは高級感のあるブラックを基調としたカードであり、利用シーンを選ばない洗練された1枚といえます。

UPSIDERのクレジットカードは法人に特化しており、個人では作(zuo)ることはできません。法人に特化してサービスしている故に、他に追随を許さない独自(zi)の機能をもつ法人カードを提(ti)供できるのでしょう。

審査が不安な方にもおすすめ

法人カードの審(shen)(shen)査(cha)が不(bu)安(an)な方にもおすすめです。UPSIDERは「スタートアップ」向(xiang)けカードでもあり、スタートアップ向(xiang)けの独自な審(shen)(shen)査(cha)を採用しています。新(xin)設の会社でも作りやすいため審(shen)(shen)査(cha)の不(bu)安(an)な方にもおすめできます。

発行元のUPSIDERとは

UPSDIRERは日本最大規模の資金調達(467億円以上)を行っている金融ベンチャー企業です。主な出資元(yuan)には三菱UFJキャピタル、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルなど大手金融系キャピタルが並びます。

UPSIDERカードはなぜ最強(qiang)か

他のカードと比べてポイント還元率、限度額、年会費がトップクラスに高く、この点でシンプルに最強といえます。特に限度額は最大1億円と頭抜けており、多くの企業が「他のカードではここまで利用枠が与えられことがなかった」と驚くほどです。社員用の追加カードも発行枚数無制限で、1枚1枚のカードの管理もクラウド上で簡単に操作できる点も革命的。
新世代の法人カードともいえる革命的なスペックでここ数年の法人カードの中では一番話題のカードと言えるでしょう。

 

最強の法人カード2枚目:セゾンプラチナ・ビジネス・ アメックス

最強法人カード3 セゾンプラチナ・ビジネス・ アメリカン・エキスプレス・カード

国際ブランド アメリカン・エキスプレス
年会費 無料(2年目以降22,000円)
追加カード年会費 3,300円
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 基本0.5%(最大1.0%)
マイル還元率 0.75%〜1.1125%(JAL)
利用限度額 個別設定
申込条件 法人代表者、個人事業主
必要書類 本人確認書類
最短発行日数 最短3営業日発行
設立1年未満 申込み可能

最上位の「プラチナカード」なのにコスパ最強

上記2枚のカードと違い、カードのステータスが最上級の「プラチナ・カード」となっています。今回(hui)はステータスカード内でのコスパ最(zui)強(qiang)という意味(wei)で選(xuan)定(ding)しています。

セゾンプラチナ・ビジネス・ アメックスも基本スペックが優(you)秀。

年会費は初年度無料。2年目(mu)以降は22,000円ですが、「セゾンプレミアムレストランby招待日和(he)」やキャンペーンによる還元(yuan)などでかなり元(yuan)が取りやすいお得なカードといえます。

セゾンプレミアムレストランby招待日和とは?
所定のレストランのコースメニューを2名以上で予約すると、1名分のコース料理代金が無料になる非常にお得なサービス。

しかもJALのマイル還元率が最高クラスポイント還元率は最高1.0%限度額は最大1,000万円以上も可能なので、ステータスカードの中(zhong)でもとにかくコスパ最強のカードとして人気です。

マイル最強の法人カードとも呼ばれる

基本スペック以上に注目されるのはマイル還元率の高さ。JALマイルが貯まるように登録することでJALマイル還元率は1.125%になり、法人カードでのマイル還元率では最強クラスのカードに変貌します。

また、国内空港ラウンジ無料サービスとプライオリティ・パスの特典が利用可能。出(chu)張関(guan)連のサービスを重(zhong)視する人(ren)にも、おすすめの法(fa)人(ren)カードです。

さすがプラチナ!その他機能も充実

保険・補償、空(kong)港ラウンジ、専用コンシェルジュなど、プラチナカード最(zui)安値(zhi)クラスながらアメックスプラチナとして充実した内容のハイグレードなプラチナ法人カードです。質(zhi)の高いカードを持ちたい中小企(qi)業経営者におすすめです。

セゾンプラチナ・ビジネス・ アメックスが最(zui)強である理由

最上位ステータスのプラチナカードにも関わらず年会費やポイント還元率、マイルなどのコスパ面で優れており、使い方次第では簡単に元が取れる法人カードです。また、申し込みが簡単で最短3営業日発行というスピード感もいいですね。他の経営者より3ランク上のカードを持ちたいと思っている方はぜひ申し込んでみてください。

三井住友カード ビジネスオーナーズもおすすめ

最強法人カード2 三井住友カード ビジネスオーナーズ

国際ブランド Visa, Mastercard®
年会費 永年無料
追加カード年会費 永年無料
ETCカード年会費 初年度無料
(前年度利用が無い場合 翌年550円)
ポイント還元率 基本0.5%(最大1.5%)i※対象の個(ge)人カードとの2枚(mei)持ちが条件(jian)です
マイル還元率 0.4%(ANA)
総利用枠 ~500万円(所定の審査あり)
申込条件 満20歳以上の法人代表者、個人事業主
必要書類 なし
最短発行日数 約1週間
設立1年未満 申込み可能

どの経営者にもおすすめできる永年無料法人カード

こちらも起業直後〜ベテラン経営者まで万人におすすめできる法人カードといえるでしょう。カード業界の最大手、三井住友カードのVisa法人カードでありながら、年会費永年無料総利用枠〜500万円(所定の審査あり)、必要書類の送付なしで約1週間発行(xing)。

無料にも関わらず通常のゴールドカード並のスペックを誇っており、中(zhong)小企業の経(jing)営者を中(zhong)心に圧倒的に支持されています。当サイトでも最も人気のある法人カードです。

関連記事:三井住友カード ビジネスオーナーズ2枚持ちのメリットがすごい

ポイント還元率も非常に高い

通常ポイント還元率相場は0.5%程度ですが、三井住友カード ビジネスオーナーズは最大1.5%i※対象の個人カードとの2枚(mei)持ちが条(tiao)件です。ビジネスで多用(yong)する世界(jie)No1のECサイトや国内2大航空会社、ETCカードでのポイント還元率(lv)が高いことが特徴です。

設立直後の会社も申し込みOK

審査書類として登記簿謄本や確定申告書が不要なので、いますぐネットから申し込み手続きができます。設立1年未満で決算書がない、設立・起業したばかりで、まだ売り上げがない・少ない、赤字など審査が不安な経営者にもおすすめです。

三井住友カード ビジネスオーナーズはなぜおすすめか

三井住友カード ビジネスオーナーズを最強として挙げる理由は年会費や総利用枠、ポイント還元率などの基本スペックはもちろん、クレジットカード最大手の三井住友カードのプロパーカードであることも理由です。使う人を選ばず、様々な人がビジネスシーンで使うのに適した、まさに王道中の王道カードだと思います。

最高級ステータスの法人カードならラグジュアリーカードも選択肢に

法人 BLACK CARD(ラグジュアリーカード)

世界的にも”Mastercard®ブランドの最上位クラス”となりステータス的にも最強(qiang)の法人ブラックカードが「ラグジュアリーカード」です。 カード素材はプラスチックではなく表面が金属(ステンレス)製、裏面がカーボン製という比類がなくかっこいい特別な仕様です。SuicaモバイルやPASMOモバイルチャージ、そして納税の支払いでもたまるポイント還元率(lv)は1.25%と高(gao)く、驚異のリピート率(lv)を誇(kua)る24時間(jian)対応の専(zhuan)用コンシェルジュサービス、リムジン無料送迎サービスなど独自の付帯特典も豪(hao)華。【謄本・決算書不要】

国際ブランド Mastercard®
年会費 110,000円
※年会費返金制度あり
追加カード年会費 27,500円
ETCカード年会費 永年無料
ポイント還元率 基本1.25%
マイル還元率 0.75%(ANA,JAL)
年会費は一般的なカードと比べると高額ですが、年間11万円のコストで全く別次元の新しい世界を体験できるので、その意味ではコスパはとても高いです。
ポイント還元率が1.25%と高く、豪華で特別なオリジナル特典が豊富なうえ、表面はステンレス製・裏面はカーボン素材を採用し、比較対象が無く、持っているだけでも気分が上がる希少なカードです。
 ”年会費は経費で落とせる”ので事業が軌道に乗った方におすすめです!

審査が不安な人に最強の法人プリペイドカードも

設立直後など審査が不(bu)安(an)な方(fang)にはプリペイドカードの法人(ren)カードもあります。中でも累計加入者がNo.1のマネーフォワードビジネスカードは審査がなく即(ji)日発行が可能(neng)。

さらに後払いに変更(geng)することで通常(chang)の法人(ren)カードと同様にクレジットカードとしても扱えるのです!

マネーフォワードビジネスカード プリペイド/審査(cha)なし

マネーフォワード ビジネスカード

審査なし!プリペイドカードならこれがおすすめ

年会費無料で法人も個人事業(ye)主も審(shen)査(cha)なしで申し込(込)める法人プリペイドカードとして累計導入事業(ye)者数(shu)No.1のカード。スペックも十分(fen)でポイント還元率が1~3%。追加(jia)カードの発行枚数(shu)は原則無制限で、チャージ上限額も原則5000万円(yuan)と非常に大(da)きい。三拍子揃った人気のカードです。

後払いにも変更可能!

基本はチャージ式のプリペイドカードなのですが、後払いにも変更可能(neng)という大きなメリットがあります。決算書(shu)不要(yao)で最短10分(fen)の審(shen)査を経て後払いに変更できます。後払いにすることでキャッシュフローを改善し、最大10億(yi)円(yuan)の利用(yong)限度額(e)をが提供されます。

マネーフォワードの法人カード

国際ブランド Visa
年会費 永年無料i※ リアルカードは2枚目(mu)以(yi)降(jiang)900円+税(送料(liao)込み)。バーチャルカードは2枚目(mu)以(yi)降(jiang)も無(wu)料(liao)
追加カード年会費 永年無料i※ 開(kai)設から1年(nian)目(初(chu)年(nian)度)は年(nian)会(hui)費無(wu)料(liao)。開(kai)設から2年(nian)目以降、直前の1年(nian)間で1度も支払い実績がない場合、1,000円+税
発行枚数無制限
ETCカード年会費 無料(前年度利用が無い場合 翌年550円)
ポイント還元率 基本1%(最大3%)

申込み条件

チャージ金額上限 ~5000万円最大20億(yi)まで増枠可(ke)能
(後払いに変更した場合最大10億円)
申込条件 満20歳以上の法人代表者、個人事業主
必要書類(個人) なし
必要書類(法人) なし
発行スピード 最短即日発行
設立1年未満 申込み可能
マネーフォワード利用者でなくても申し込み可能で、審査なしのプリペイドカード。審査が不要で即日発行可能なので、審査が不安な方や起業後すぐにカードが必要な方はこのカードも合わせて複数枚申し込むと良いでしょう。大きな限度額とポイント還元率、後払いに変更できる点が大きなメリットです。
審査不要。後払いにも変更できる


記事:マネーフォワードビジネスカードの後払いの審査やチャージについて解説

 

最強の法人カードの選び方まとめ

今(jin)回は最強(qiang)の法人カードということで、3種類のカードを紹介しました。各カードともに特色が違いますが、いずれも使いやすいカードであることに間違いないです。

下記に改めて各カードの特徴(zheng)をまとめてあります。

まとめ:法人カード最強はこの3枚。どんな経営者におすすめ?

あらためて、法人カードの基本的な特徴をまとめてみました。
いずれのカードも特徴が違(wei)いますが、どのカードを選(xuan)んでも後悔することは少ないと思います。

法人カード 特徴
①UPSIDERカード 年会費永年無料
ポイント還元率1.0%~
限度額最大10億円
追加カード無制限
クラウドでの追加カード管理
②三井住友カード ビジネスオーナーズ 年会費永年無料
ポイント還元率最大1.5%i※対象の個人カードとの2枚持ちが条件ですi
総利用枠〜500万円(所定の審査あり)
三井住友ブランド
③セゾンプラチナ・ビジネス・ アメックス 年会費初年度無料
(2年目以降も割安)
マイル還元率が最強クラス
限度額最高1000万円以上も可能
ハイステータスなプラチナカード
アメリカン・エキスプレス

今回紹介(jie)した内容の他(ta)にもUPSIDERは「Boost Your Business」というビジネスサービスを格(ge)安で利用できるようになる特(te)典があります。GoogleWorkspaceやGoogleクラウド、バーチャルオフィスなど数十(shi)以上のサービスが割引利用できるので役に立(li)ちますよ。

他のカードにも特(te)典(dian)がありますので一度公(gong)式サイトでチェックしてみるといいですね。

各カード、こんな経営者におすすめです。

法人カード こんな方におすすめです
①UPSIDERカード 何よりコスパを重視する方
これから事業拡大したい経営者
スタートアップ企業、審査が不安な方
②三井住友カード ビジネスオーナーズ ベーシックなカードが欲しい方
高機能の王道カードを希望する方
カード選びをハズしたくない方
③セゾンプラチナ・ビジネス・ アメックス ハイステータスなプラチナカード
リッチな体験をしたい方
マイルを重視する方

それぞれのカードの特徴を元に、どんな経(jing)営(ying)者におすすめできるかを考えてみました。

①UPSIDERカードは限度額1億円や追加カードが無制限に発行できて、クラウドで管理できるという特徴から、急進的で事業拡大を目指す経営者に向いています。

②三井住友カード ビジネスオーナーズは、やはり最大手の三井住友カードの定番ビジネスカードということでベーシックで人気のカードです。王道でクラシックなカードを望む経営者におすすめします。

③セゾンプラチナ・ビジネス・ アメックスはコスパ重視のプラチナカードです。最高クラスのマイル還元率、招待日和による異次元のレストラン特典、コンシエルジュ機能やプライオリティパスなどの豪華な特典がつくので、ステータスを望み積極的にカードを使う経営者におすすめですね。

 

ビジネス上の決済において法人カードが最強である理由

なぜ現金や振込でなく、法人カードなのか

①経費精算や会計処理の効率化

法人(ren)カードがビジネス上の決済に最強である理由は、経費精算や会計処理が簡(jian)単になることです。従(cong)来、企業(ye)が支払(fu)った経費を管理するには、複(fu)数のレシートや領収書を集め、手作業(ye)で精算する必要(yao)がありました。

しかし、法人カードを利用することで、支払いがカード会社によって一元管理され、クレジットカードの明細書をもとに経費の精算ができるようになります。そのため、支払いの管理(li)や精算(suan)処(chu)理(li)の時間や手(shou)間を大幅に削減でき、効率的な業(ye)務運営が可能になります。

②ポイント還元により実質的なコスト削減に

また、法人カードにはポイント還元率が高いものが多く、ビジネス上での支出が多い場合はポイント還元率の高いカードを選ぶことで、より効率的にポイント還元ができます。ポイント還元率が高いカードを利用することで、ビジネス上の支出に対してポイント還元がされるため、企業のコスト削(xue)減にもつながります。

例えば、ポイント還元(yuan)率(lv)1.0%の法人カードで、税金や広告(gao)費など多くの経費を使えば、シンプルに1%分のコスト削減(jian)につながりますよね。年間1000万円分使えば実(shi)質(zhi)10万円分のコスト削減(jian)になるのです。

③カードに付帯する保険や特典がビジネスを助ける

さらに、法人(ren)カードには多(duo)(duo)種多(duo)(duo)様な特典がついていることがあります。例えば、空港(gang)ラウンジの無料(liao)利用や海(hai)外(wai)旅行傷害(hai)保険、海(hai)外(wai)旅行先での医療(liao)費補(bu)償、国(guo)内旅行傷害(hai)保険、ショッピング傷害(hai)保険、盗難補(bu)償、レンタカー利用傷害(hai)保険、24時間(jian)対応のコンシェルジュサービスなどです。

これらの特典をうまく活用することで、企業の経費削減(jian)やビジネス上の便利さを得ることができます。

④企業の信用力(与信)が高まる

最後に、法人カードを利用することで、企業の信用力を高めることができます。法人カードは、企業がクレジットカード会社から信用を得て発行されるため、法人カードを持って使うことで企業の信用力が高まります。これは、企(qi)業(ye)のビジネスにおいて非常に重要(yao)な要(yao)素(su)であり、法人(ren)カードの利用によって企(qi)業(ye)がビジネス上で有利になるというメリットがあります。

以(yi)上のように、法人カードはビジネス上で非常(chang)に便利(li)であり、多くのメリットがあることがわかります。ただし、法人カードの選定には多くのポイントがあり、企業のニーズに合わせた最適なカードを選ぶことが重要です。

法人カードのステータスについて解説 最上位カードは?

法人カードのステータスには複数の種類があります。一般的には、一般カードゴールドカード、そして最上位のカードとしてプラチナカードブラックカードがあります。これらのカードは、そのステータスに応じて年会費、ポイント還元率、限度(du)額などの基(ji)本スペックが異なります。

各ステータスの説明

一般カードは、最も一般的な法人カードであり、年会費が安く、ポイント還元率や限度額が低い場合が多いです。
今回の記事では①UPSIDERカード、②三井住友カード ビジネスオーナーズが該当します。

ゴールドカードは、一般カードよりも年(nian)会費が高く、ポイント還元率や限度額が高い場(chang)合があります。

プラチナカードやブラックカードは、ゴールドカードよりも年会費が高く、ポイント還元率や限度額がより高い場合があります。
今回の記事では③セゾン・プラチナ・ビジネスカードがプラチナカードにあたります。

これらのステータスは、カード会社や金融機関によって異なります。企業が法人カードを選ぶ際には、自社のニーズに合わせた最適なステータスのカードを選ぶことが重要です。

最強の法人カード選びについてよくある質問

Q

法人カードの最強カードはどれ?

A

法人カードは「年会費」「ポイント還元」「ビジネス付帯」などを中心に比較することをおすすめします。
では法人(ren)カードで人(ren)気のカードを順(shun)に紹(shao)介していきます。年会費無料(liao)のカードや格の高いゴールドカードなど多様な法人(ren)カードを紹(shao)介しています。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経(jing)験あり。 自身(shen)も複(fu)数(shu)会社を経(jing)営し、通算で法(fa)人カードを15枚以(yi)上(shang)作成経(jing)験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得(de)したい。」

ページトップへ