エヴァゴジラピンボール

法人カードのメリット16点 とデメリット6点。今、持った方がいい大きな理由とは?

法人カードのメリット16点 とデメリット6点。今、持った方がいい大きな理由とは?

目次

法人カードを使うことのメリット16点とデメリット6点を経験で語ります。

当記事はVOIXの代表自らが書いています。今まで 延べ6社以上の会社を経営しており、法人カードも10枚以上利用してきましたので、法人カードのメリットとデメリットを熟知しています。(おそらく他(ta)の一般(ban)ライターさんよりは)

個人的には法人カードは圧倒(dao)的にメリットが大きいと思いますが、あえて逆(ni)の見方をすることで潜在的なデメリットやリスクも書いています。

こんな方におすすめの記事です。

  • これから法人カードを作ろうと思っている方
  • 個人事業主・法人経営者の方
  • 法人カードが嫌いな方
  • 便利なものほどデメリットが存在すると思っている方

関連:法人カードおすすめ特集へ

法人(ren)カードのメリット16点

法人カードのメリット

会社を設立しても個(ge)人用のクレジットカードで精(jing)算を行うことはできます。一方(fang)で法(fa)(fa)人カードを利用することのメリットはかなり大きいです。実際に経験上のメリットを挙げてみると15個(ge)以(yi)上もありました。(個(ge)人事業主でも法(fa)(fa)人カードに申し込めますよ。)

中でも大きいと思(si)う利点は下記5つ。

  1. 財務管理の効率化(電子帳簿保存法対策にも)
  2. ポイント還元がどんどん貯まる
  3. 後払い=支払いサイクルが長い
  4. 利用限度額(総利用枠)が高い
  5. ビジネス特典や出張サービスが充実

これらのサービスが使えて年会費無料なので基本的にはメリットしかありません。特に2024年から電子帳簿保存法が開始されるのできちんと法人としてカードをもっておくメリットは大きいでしょう。

ではすべてを解説しながら見(jian)ていきます。

財務管理の効率化

法人(ren)カードを使用することによって、従(cong)業(ye)員が業(ye)務に必要な経費を個人(ren)的に負(fu)担(dan)する必要がなくなります。経費の管理が簡単にできるため、従(cong)業(ye)員は仕(shi)事に専念でき、経理部門(men)は業(ye)務プロセスをスムーズに進めることができるメリットがあります。

特に2024年1月からは電子帳簿保存法が始まり、電子決済した際の領収書の保存に関するルールが厳重になります。UPSIDERカードでは各社員ごとの電子帳簿保存用の機能を充実さえており、無料で利用することが可能です。

参考:

仮に税務調査が入ったとき、個人用カードで私的な経費と入り混じっていたらかなり怪しまれると思います。年会費無料のものでもよいので法人として申し込んだカードは一枚持っておくべきですね。

ポイント還元がどんどん貯まる

多くの法人カードはポイント還(huan)元のプログラムを提(ti)供しています。つまり、ビジネス用(yong)途で支(zhi)出した金額に対して、ポイントを還(huan)元してくれるのです。ポイント還(huan)元プログラムは、長(chang)期(qi)的な視野で見ると、法人カードを利用(yong)する上で重要なメリットの一つです。

月に数十万円以上使う場合、事業の費用をクレジットカードに集中させることで年間数万〜数十万ポイント貯まります。社(she)員旅行や会社(she)の家具を購(gou)入するなど会社(she)の福利厚生を高めるときに貯(zhu)めたポイントを使う方も多いですね!

法人カードのポイント還元率の相場は0.5%ですが、ポイント還元率が高いカードとして三井住友カード ビジネスオーナーズ(条件次第で最大1.5%還元i※対象(xiang)の個人カードとの2枚持ちが条(tiao)件です)やUPSIDERカード(1.0%〜1.5%還元)がおすすめです。

会社の信用力の向上につながる

適切に法人カードを利用(yong)することで、企業(ye)の信(xin)用(yong)力(li)が向上する可能性があります。クレジットカードの履歴は金融与(yu)信(xin)会社の間で共有されるためです。

継続してきちんとカードの支払いができるということを証明することで、利用限度額(e)が上(shang)がったり、よりステータスの高い法人カードに格上(shang)げしやすくなります。

特に今後融資を希望(wang)する方やまだ信用の低い新(xin)規(gui)事業者にはおすすめですよ。

実際に、私の経験でも最初は100万円程度の与信だったアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードの与信が1年程度で1000万円に上ったことがあります。

後払い=支払いサイクルが長い

クレジットカードは商品やサービスの購入から、実際に口座引き落としされるまでの期間が30日〜60日程度あります。いわゆる「後(hou)払(fu)い」という状態です。

支(zhi)払いサイクルを長(chang)くすることで、財務面での圧迫感を軽(qing)減することができます。また、長(chang)期的な視野を持ってビジネスを展開することができるため、安定的なキャッシュフローを確保することができるメリットがあります。

最近はクライアントからの「請求書」を「クレジットカード払い」に変更して最大60日支払いを遅らせることのできるサービスも登場しています。手(shou)数料もかなり低(di)いため人気が出ています。

請求書払いをクレカ後払いにできるDGFT請求書カード払い とは

「DGFT請求書カード払い」とは、が提供する法人や個人事業主など主に中小事業者向けのクレジットカードを活用した、請求書の支払いを最大60日間延長できる資金繰り改善サービスです。

DGFT請求書カード払いのロゴ画像

普段(duan)使(shi)っているクレジットカードをそのまま利用するだけなので、必要書類・与信審査・担保・保証(zheng)人(ren)が不要の手(shou)軽で新しい資(zi)金調達(da)手(shou)段(duan)です。

さらに、クレジットカードのポイントも貯まりファクタリングより手数料が安(an)いので中小(xiao)企(qi)業の経営者や財務担(dan)当者からの人気が急上昇(sheng)中です。

与信審査なし
無料登録はこちら

ビジネス特典や出張サービスが充実

法人カードにはビジネス特典が充実しています。よくあるのはAmazonやレンタルサーバー、Google広(guang)告などの費用の割引、シェアオフィスの割引などです。

出(chu)張サービスでは空(kong)港ラウンジが無(wu)料で使える他(ta)、空(kong)港からホテルまでの荷物宅(zhai)配サービスや専用の予約サービス、飛行機(ji)のシートのグレードアップなどです。

これらの特(te)典はステータスの高(gao)いカードほど充実しています。ステータスに関しては一般的に以(yi)下(xia)のような順序(xu)で高(gao)くなっています。

低い─────高い
一般カード<ゴールドカード<プラチナカード<ブラックカード

経営者のステータスの象徴

プラチナカードやブラックカードなどの高級な法人カードには、ラウンジアクセスや特別な優待サービスがあります。これは大企(qi)業や頻繁(fan)に出張を行(xing)うビジネスパーソンにおすすめです。

接待の際にも個人カードを見(jian)せるよりは法人カードの方がステータスの高(gao)さを与える印象が強いでしょう。

中には「ラグジュアリーカード」のようにカードを所有する経営者だけが参加できるの会食やパーティが開催されるカードもあります。

セキュリティが優れている

現金(jin)を持(chi)ち歩く際には、万が一の事態(tai)に備えてリスクマネジメントが必要です。しかし、法人カードを使用する場合は、そのようなリスクが軽減されます。

法人カードは、現(xian)金と異(yi)なり、紛失や盗難に対(dui)応(ying)するためのさまざまなセキュリティ対(dui)策が整っています。たとえば、カードの紛失や盗難が発覚した場合、すぐにカード会社へ報告することで、不正利用を防止(zhi)することができます。

不正利用が発生した場合に、デスクの担当者から即座に電話がかかってくるケースもあり、法人カードのセキュリティは強いと感じます。

キャッシュレス化

キャッシュレス決済が普及することで、ビジネスにおいてもキャッシュレス化が求(qiu)められるようになってきました。その中でも、法(fa)人カードの導(dao)入は、よりスムーズな決済と簡便な経理(li)処(chu)理(li)を可(ke)能(neng)にします。

特に小(xiao)口現金の管理は非(fei)常に面倒で、現金出納(na)帳(zhang)をいちいち記入していつどこで誰が利用したかを管理する必要があります。法人カードでキャッシュレス化を進(jin)めることで一元的に管理できるメリットがあります。

最近ではApple PayやGoogle Pay対応のクレジットカードが増えており、スマホ内に法人カードを取り入れて便利に決済できるようになっています。

追加カードで複数名での利用

ほとんどの法人カードで「追加カード」を発行することができます。10枚程度が相場ですが、UPSIDERカードのように無制限でカードを発行できるカードもあり、社員ごとや店舗ごとにカードを発行することも可能です。

各(ge)カードの開始・停(ting)止や利用限度額(e)の条件設定も細かく行(xing)うことができるので便利ですね。また、誰(shui)がいつどこで使ったかという明細もカードごとに管理(li)できる長(chang)所(suo)があります。

年会費を経費に計上できる

法人カードの年会(hui)費は通常、経費として計上できる場合が多く、これが企業のコスト負担(dan)を軽減(jian)します。

現在は年会費無料で優秀なカードも増えていますが、年間数万円の年会費のゴールドカードや年間数万〜10万円程度のプラチナカードなども人気があります。
これらを全(quan)額経費算入できるとなると意外と高くない出費なのかもしれません。

海外サービスへの支払いに使える

海外のWEBサービス利用時などには口座支払いができないケースが多いです。例えばChat-GPTやAWS、Googleの各種サービスなどのクラウドサービスはクレジットカードの支払があると便利です。

口座資金が少ないときの緊急対応

口座(zuo)資金がショートしそうな場合など何らかの緊急事(shi)態(tai)が発生した際に、法人(ren)カードがあればすぐに必要な支出を行えます。法人(ren)カードは基本的に翌月(yue)請求なので1ヶ月(yue)以上の支払い猶予ができることがあります。

口座状況が不安な緊急時の「請求書」での支払いを「クレジットカード払い」に変更して請求書の支払いを最大60日支払いを遅らせることのできるサービスも登場しています。いざというときのために法人カードは便利ですね。

付帯サービスとして旅行傷害保険を活用できる

多(duo)くの法(fa)人カードには、旅行傷害(hai)保険やショッピング保険などの付(fu)帯サービスが含まれています。これらのサービスは、ビジネスの需要(yao)に合(he)わせてカスタマイズされており、法(fa)人がビジネスを展(zhan)開する上で非常に役立ちます。

たとえば、旅行保険は、法人の社員が海外出張をする際に、予期せぬ病気や怪我に対する保護を提供します。
その他にも飛行機(ji)が遅延した際に補(bu)償する保険などもあり、出(chu)張時のトラブルの強(qiang)い味方(fang)になってくれます。

海外旅行中のトラブル対応日本語デスクがあるカードも

さらに、法(fa)人(ren)カードには、海外旅行や国(guo)内(nei)旅行に関するサポートが含(han)まれている場合(he)があります。これにより、社員が旅行中にトラブルが発生した場合(he)に、法(fa)人(ren)はサポートを受けることができます。

例えばアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードでは海外での緊急トラブル時に日本語で電話サポートしてくれるオーバーシーズ・アシストサービスがあります。
参考:

法人口座から引き落とせる

当然(ran)ではありますが、一般的に法(fa)人(ren)カードの支払(fu)いは、指定(ding)された法(fa)人(ren)口(kou)座から自動的に引き落(luo)とされます。個人(ren)でクレジットカードを持(chi)つと事業用口(kou)座からの引き出しは難(nan)しいですが、法(fa)人(ren)口(kou)座から引き落(luo)とすことができますね。

個人カードに比べて利用限度額(総利用枠)が高い

法(fa)人カードは、個人カードと比べて高い利用限(xian)度(du)額(総(zong)利用枠(枠))が設定されています。そのため、広告費やサーバー代など大きな支出が発(fa)生する場合でも、法(fa)人カードを使用することで安心して対(dui)応することができます。

法人カードの総利用枠はカードにより異なりますが、三井住友カード ビジネスオーナーズでは〜500万円i※所定の審査がございます。、UPSIDERカードでは最大10億円というとてつもなく大きな枠が設けられています。

法人(ren)カードのデメリット6点

法人カードのデメリット

15個以上のメリットを見て法人カードには数多くのメリットがあることがわかりましたね。一方で、当然、使い方次第ではデメリットと呼ばれる欠点も存在します。

私個人の感覚では「メリット:デメリット=100:5」くらいで、法(fa)人カードを持(chi)たない理由はないと思っているのですが、強いてあげるなら以(yi)下の6点(dian)でしょうか。

ただし、これらのデメリットは解決できるので、実(shi)質(zhi)的なデメリットと呼ベル物ではないと思います。解決方法(fa)もあわせて記(ji)載しています。

審査に落ちて手にできない可能性がある

法人(ren)カードの審査に落ちてしまうと、カードを手に入れることができない場合があります。審査に落ちる理由としては、信用情報(bao)の問題や事業の信用力の低さなどがデメリットとして挙げられます。

ただし、中小企業向けの法人カードでは代表者の信用情報がメインで審査される事が多く、設立直後の起業でも審査に通過することが多いです。

どうしても審査が不安な方は「マネーフォワードビジネス」のように審査なしのプリペイドタイプの法人カードも併せて2枚の申し込みをすると良いでしょう。このカードはスペックもよく、後から「後払い」にすることもできるのでおすすめです。

ポイント還元率が低い?

法人カードによっては、ポイント還元率が低いことがデメリットと言われる場合があります。個人カードをあえて使う方もいますね。ですが、それも数年前までの話。

当時は0.5%や還元率なしというカードが多くありましたが、2020年ごろからクレジットカード会社各社が法人カードの獲得に積極的になっており、三井住友カード ビジネスオーナーズでは最大1.5%i※対象(xiang)の個人カードとの2枚持ちが条件(jian)です、UPSIDERカードでは1.0%〜1.5%という高還元率が当たり前になっています。

分割払いができない場合がある

法人カードによっては、分割払いができない場合があります。そのため、大きな支払いが必(bi)要になる場合は、事前に確認しておくことが重要です。

年会費がかかる場合がある

年会(hui)費無料の法(fa)人(ren)カードも多くあるため一概にデメリットではありませんが、一部(bu)のステータスの高い法(fa)人(ren)カード(ゴールドやプラチナカード)は、年会(hui)費がかかります。ですが多くの特典を享受できるためメリットともいえます。

年会費永年無料の法人カードは2020年くらいから大きく増加しています。「三井住友カード ビジネスオーナーズ」「UPSIDERカード」「ライフカードビジネスライトプラス」など年会費無料でスペックも十分に高い優秀なカードがたくさんあるので年会費が負担になる方はそちらを選べばよいでしょう。

追加カードを発行した場合、管理が必要になる

法人カードのメリットとして「追(zhui)加(jia)カード」が発行しやすいというものがあります。10枚(mei)が相(xiang)場で、UPSIDERカードでは無制限に発行できます。

一方でそれがデメリットになることもあり、大量に追加カードを発行することで1枚1枚のカードの利用限度額の管理やセキュリティ管理が必要になってきます。

最近ではUPSIDERカードのように、クラウド管理画面が充実しているものもあります。カード1枚毎のカード名を任意に設定できて、1回ごと/1月ごとの利用限度額を簡単に管理できます。

社内で利用ルールを設ける必要がある

上記のように法人(ren)カードは追加カードが複数枚発行できて店舗ごとや社員ごとにカードをもたせることができます。一方で利用ルールを徹底し、周知する必(bi)要があります。この時間(jian)が必(bi)要になることをデメリットと捉えることもできますね。

2023年10月からは「インボイス制度」が施行され、取引先の店が対応しているかどうかが関係します。さらに2024年1月からは「電子帳簿保存法」が施行され、電子領収書の場合は保存方法が変わります。

社内でルールを周(zhou)知し、法人(ren)カードの運用方法をきちんと理(li)解することが必(bi)要(yao)になるのです。

まとめ:法人カードにはデメリットも存在するが、使い方次第で解決可能。新制度も踏まえるとメリットのほうが大きい。

以(yi)上のように、法(fa)人カードにはデメリットが存在しますが、メリットの方(fang)が大きいと思(si)います。唯一(yi)、法(fa)人カードを作らない理由があるとすれば「今作るのは、面倒くさい」というくらいでしょう。

ですが、2024年施(shi)行の「電子帳簿(bu)保存法」や今後絶(jue)対(dui)に増(zeng)えていくクラウドサービスでの決済の際に、法人(ren)カードはどんどん必要になっていくでしょう。

また、税務調査が入(ru)った際などにもっと面倒なことになる可能性があるので、法人(ren)カードを作(zuo)って管理を楽(le)にしておくことが大きなメリットといえるはずです。

メリットの大きい法人カード①:セゾンプラチナ・ビジネス・ アメックス

最強法人カード3 セゾンプラチナ・ビジネス・ アメリカン・エキスプレス・カード

国際ブランド アメリカン・エキスプレス
年会費 無料(2年目以降22,000円)
追加カード年会費 3,300円
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 基本0.5%(最大1.0%)
マイル還元率 0.75%〜1.1125%(JAL)
利用限度額 個別設定
申込条件 法人代表者、個人事業主
必要書類 本人確認書類
最短発行日数 最短3営業日発行
設立1年未満 申込み可能

最上位の「プラチナカード」なのにコスパ最強

上記2枚のカードと違い、カードのステータスが最上級の「プラチナ・カード」となっています。今回はステータスカード内でのコスパ最(zui)強という意味(wei)で選定しています。

セゾンプラチナ・ビジネス・ アメックスも基本スペックが優(you)秀(xiu)。

年会費は初年度無料。2年目以降は22,000円ですが、「セゾンプレミアムレストランby招待日和(he)」やキャンペーンによる還元(yuan)などでかなり元(yuan)が取りやすいお得なカードといえます。

セゾンプレミアムレストランby招待日和とは?
所定のレストランのコースメニューを2名以上で予約すると、1名分のコース料理代金が無料になる非常にお得なサービス。

しかもJALのマイル還元率が最高クラスポイント還元率は最高1.0%限度額は最大1,000万円以上も可能なので、ステータスカードの中でもとにかくコスパ最強のカードとして人気です。

マイル最強の法人カードとも呼ばれる

基本スペック以上に注目されるのはマイル還元率の高さ。JALマイルが貯まるように登録することでJALマイル還元率は1.125%になり、法人カードでのマイル還元率では最強クラスのカードに変貌します。

また、国内空港ラウンジ無料サービスとプライオリティ・パスの特典が利用(yong)可能。出張関(guan)連のサービスを重視する人(ren)にも、おすすめの法人(ren)カードです。

さすがプラチナ!その他機能も充実

保(bao)険・補償、空(kong)港ラウンジ、専用コンシェルジュなど、プラチナカード最安値クラスながらアメックスプラチナとして充実した内(nei)容のハイグレードなプラチナ法人カードです。質の高いカードを持ちたい中小(xiao)企業経営者におすすめです。

セゾンプラチナ・ビジネス・ アメックスが最強である理由

最上位ステータスのプラチナカードにも関わらず年会費やポイント還元率、マイルなどのコスパ面で優れており、使い方次第では簡単に元が取れる法人カードです。また、申し込みが簡単で最短3営業日発行というスピード感もいいですね。他の経営者より3ランク上のカードを持ちたいと思っている方はぜひ申し込んでみてください。

メリットの大きい法人カード②:三井住友カード ビジネスオーナーズ

最強法人カード2 三井住友カード ビジネスオーナーズ

国際ブランド Visa, Mastercard®
年会費 永年無料
追加カード年会費 永年無料
ETCカード年会費 初年度無料
(前年度利用が無い場合 翌年550円)
ポイント還元率 基本0.5%(最大1.50%)
マイル還元率 0.4%(ANA)
総利用枠 ~500万円(所定の審査あり)
申込条件 満20歳以上の法人代表者、個人事業主
必要書類 なし
最短発行日数 約1週間
設立1年未満 申込み可能

どの経営者にもおすすめできる永年無料法人カード

こちらも起業直後〜ベテラン経営者まで万人におすすめできる法人カードといえるでしょう。カード業界の最大手、三井住友カードのVisa法人カードでありながら、年会費永年無料総利用枠〜500万円(所定の審査あり)、必(bi)要書類の送(song)付なしで約(yue)1週間発(fa)行。

無料にも関わらず通常のゴールドカード並のスペックを誇(kua)っており、中(zhong)小企(qi)業の経営(ying)者を中(zhong)心に圧倒的(de)に支持されています。当サイトでも最(zui)も人(ren)気のある法(fa)人(ren)カードです。

関連記事:三井住友カード ビジネスオーナーズ2枚持ちのメリットがすごい

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連(lian)載(zai)経(jing)験(yan)(yan)あり。 自身(shen)も複(fu)数会社を経(jing)営(ying)し、通算で法(fa)人(ren)カードを15枚(mei)以上作(zuo)成経(jing)験(yan)(yan)あり。 座右(you)の銘(ming)は「死(si)ぬまでに1円でも多(duo)く得したい。」

ページトップへ