エヴァゴジラピンボール

株式会社シプードがプレスリリースをAIが自動作成する新サービス「新商品・新サービス発表版」をリリース

VOIX編集チームVOIX編集チーム 公開 マーケティング
株式会社シプードがプレスリリースをAIが自動作成する新サービス「新商品・新サービス発表版」をリリース

【業界初】AIがプレスリリースを自動で作成する新サービス提供開始、第一弾は「新商品・新サービス発表版」を提供、最初の3回は無料で利用可能!情報を入力するとChatGPTが原稿作成を代行し業務を時短化

月1万円でプレスリリースを作成し放題の新メニューをオンライン広報サービス「PRONE(プロネ)」に搭載、ベテラン広報の知見をもとに誰でも簡単にリリース作成できるシステムを開発

PRテックを活(huo)用し企業の広報(bao)・PR活(huo)動を支(zhi)援する株式(shi)会社シプード(本社:東京都(dou)中央区(qu)、代表取締役:舩木芳雄・舩木真由美、以下「当社」)は、当社が開(kai)発し提(ti)供(gong)している、PCやスマホで広報(bao)・PR活(huo)動ができるオンライン広報(bao)・PRサービス「PRONE(プロネ): 」に、プレスリリースをAIが自(zi)動で作成(cheng)する新サービスを業界で初めて提(ti)供(gong)開(kai)始します。

第一(yi)弾として「新商品(pin)・新サービス発表(biao)用」のリリース原稿自動作(zuo)成(cheng)(cheng)を提(ti)供し、最(zui)初(chu)の3回は無料(liao)利用が可能(neng)となります。今後は、プレスリリースの種類に応じて数十(shi)パターンの原稿自動生成(cheng)(cheng)が可能(neng)なサービスへと拡充を目指します。

プレスリリースAI自動作(zuo)成(cheng)サービスは、入(ru)力フォームに必要事(shi)項を記入(ru)するだけで、誰でも簡単(dan)にプレスリリース原稿を作(zuo)成(cheng)できるサービスです。最大(da)の特徴は、ベテラン広報担当のプレスリリース作(zuo)成(cheng)能力をChatGPTに学ばせたことで、専門スキルがなくともベテラン広報と同様(yang)のリリース原稿の作(zuo)成(cheng)ができる点です。また、従来の半分の時間で原稿作(zuo)成(cheng)ができるため、利用ユーザーのプレスリリース作(zuo)成(cheng)負荷を軽減(jian)し、記者をはじめとした読み手に発信内容の魅力をわかりやすく伝えることが可(ke)能になります。

プレスリリース配信サービスにおけるリリース原稿の「AI自(zi)(zi)動(dong)作成」は業(ye)界(jie)初となります(2023年12月自(zi)(zi)社調べ)。本プレスリリースも、AI自(zi)(zi)動(dong)作成サービスでつくられた原稿をもとに作成しています。

「プレスリリースAI自動作成」無料利用の方法

1) プロネに会員登録後、メールアドレスとパスワードでログインし、トップページにある「プレスリリースAI自動生成チケット購入リンク」をクリック

2) 初(chu)めてサービスを利用する場合、3回の無料利用が可能なチケットを入手(shou)できる画(hua)面が表示(shi)されるのでチケットを入手(shou)

3) 入手後に「プレスリリース自動生成リンク」をクリックすると作成を開始できる

→プロネへの無(wu)料(liao)会員登録はこちら( )

背景

プレスリリースの作成(cheng)は、情報(bao)を客(ke)観(guan)的かつ順序立てて説明(ming)するストーリー性(xing)や新(xin)規性(xing)、社会性(xing)といった情報(bao)自(zi)体の面(mian)白さを説明(ming)するノウハウが必要(yao)となります。インターネット上には多くのプレスリリース作成(cheng)雛(chu)形や作成(cheng)方(fang)法をアドバイスするコンテンツが溢れていますが、作成(cheng)経(jing)験のない人がこれら雛(chu)形やコンテンツを活用しても、読(du)み手に伝えたい内容の魅力をわかりやすく作成(cheng)することは非常に困(kun)難です。そこで、必要(yao)な項目に情報(bao)を入力するだけで、経(jing)験のない人でも読(du)み手にわかりやすく発(fa)(fa)信(xin)内容の魅力を伝えることができるプレスリリースAI自(zi)動作成(cheng)サービスの開発(fa)(fa)に至りました。

プレスリリースAI自動作成サービスについて

本サービスは、OpenAI社(she)(she)が提供(gong)するChatGPT APIを利(li)用(yong)したサービスです(※1)。プレスリリース作成(cheng)(cheng)(cheng)経(jing)験のない人(ren)でも、プロネにあるプレスリリース自(zi)動作成(cheng)(cheng)(cheng)用(yong)入力フォームに必要事項を入力し作成(cheng)(cheng)(cheng)ボタンを押すだけで、簡(jian)単にプレスリリースが作成(cheng)(cheng)(cheng)することが可(ke)能です。これにより、広(guang)報担当(dang)者の業(ye)(ye)務負荷を軽減し、記者が理解しやすいプレスリリースを作成(cheng)(cheng)(cheng)することが可(ke)能になります。また、地(di)方企業(ye)(ye)や中(zhong)小(xiao)企業(ye)(ye)も本格的なパブリックリレーションが可(ke)能になり、地(di)方創(chuang)生(sheng)や起業(ye)(ye)家創(chuang)生(sheng)につながることを目指しています。目標として、来年末までに1,000社(she)(she)の広(guang)報担当(dang)者のお試し利(li)用(yong)、その後の500社(she)(she)の有償利(li)用(yong)を目指します。

※1:プレスリリース自(zi)(zi)(zi)動(dong)(dong)生成は、OpenAI社が提(ti)供するChatGPT APIを利用(yong)したサービスです。ChatGPT APIはプレスリリース自(zi)(zi)(zi)動(dong)(dong)生成フォームに入力(li)された情報について学習に利用(yong)しませんが、万が一(yi)お客(ke)(ke)さまがプレスリリース自(zi)(zi)(zi)動(dong)(dong)生成フォームに機密情報を入力(li)したことにより情報が漏(lou)えいした場合、当社は一(yi)切の責任(ren)を負いません。プレスリリース自(zi)(zi)(zi)動(dong)(dong)生成は、お客(ke)(ke)さまの自(zi)(zi)(zi)己の判断と責任(ren)の下(xia)、利用(yong)いただくものとします。OpenAI社の利用(yong)規約:

▲プレスリリースAI自動作成入力フォームと自動生成完了▲プレスリリースAI自動(dong)作成入力フォームと自動(dong)生成完了

業界初、プレスリリースAI自動作成サービス概要

  • 内容: AIを活用しプレスリリースを自動で作成する業界初の新サービスで、オンライン広報サービスPRONE(プロネ)に搭載。
  • サービス開始日:2023年12月12日
  • サービス利用料:1企業あたり3本のプレスリリース自動生成が無料。3本の無料利用終了後は、1ユーザーあたり1本1万円(税別)で利用可能。プレミアムプラン利用は、追加で月額1万円(税別)払えば毎月何本でも利用可能。
  • サービスURL:
  • 利用シーン:
    – 広報発信のためのプレスリリース作成時
    – メディア向けに企画提案したい時の参考資料作成時
    –  新規事業立案や、新規キャンペーン施策など社内稟議を通す際の資料作成時
    などプレスリリース作成に限らず、わかりやすい資料作成ツールとして幅広く活用が可能

サービス利用方法

PRONE(プロネ)へのユーザー無料登録が必(bi)要(yao)です。

→登(deng)録はこちら( )

会員登録後、メールアドレスとパスワードでログインし、ログイン後のトップページにある「プレスリリースAI自(zi)動生成(cheng)チケット購入(ru)リンク」をクリックしてください。クリック後、初めてサービスを利用される方は3本(ben)の無料利用が可能なチケットを入(ru)手できる画面が表示されるのでチケットを入(ru)手してください。入(ru)手後、プレスリリース自(zi)動生成(cheng)リンクをクリックすると、作成(cheng)を開始できます。

シプード代表取締役 舩木芳雄・舩木真由美 共同コメント

プレスリリースの雛形(xing)は世の中に溢(yi)れていますが、読み手を意識した文書(shu)、特に発(fa)信したい情(qing)報(bao)(bao)で最も伝えなければならない情(qing)報(bao)(bao)を何に設定し、発(fa)信した情(qing)報(bao)(bao)を読み手にわかりやすく伝えるストーリーを構成するのは困難でした。今回開発(fa)したサービスは、プレスリリースを作ったことがない人でも必要(yao)事項を入力するだけでストーリー立ててわかりやすく説明する、読み手に優しいプレスリリースを簡単に作成できるサービスです。多くの方に作成いただき、有益な情(qing)報(bao)(bao)が溢(yi)れる社会の実現の一助となりたいです。

 

オンライン広報・PRサービス:PRONE(プロネ)概要

  • URL:

200社(she)以上の企(qi)業の広(guang)報・PRを支(zhi)援してきた知見(jian)の豊(feng)富な広(guang)報専門家集団「シプード」が、企(qi)業の積極的な情(qing)報発(fa)信を支(zhi)援する目的で開発(fa)し、誰でも簡単に広(guang)報・PR活動をはじめられる「オンライン完結型」の広(guang)報支(zhi)援サービスです。PCやスマホからいつでもどこでも利(li)(li)用できるウェブサービスであり、現在、大手からベンチャーまで全(quan)国(guo)の企(qi)業約1,000社(she)が利(li)(li)用中です。

プロネは、オンライン上でキーマン記者100名にリリース配信(xin)ができ、また全国の記者クラブやリリース好例が探せる無(wu)料のフリープランと、最大300媒体(ti)へリリース配信(xin)し放題や毎週の募集ネタへの応募から、メディアリストのクラウド管理(広報CRM)、広報セミナー受講(jiang)、広報専門家への相談(オプション)まで、オンライン広報に必(bi)要なフル機(ji)能(neng)が使える月額1万円(税別)のプレミアムプラン(※2)があります。

※2:企業ごとに1人目1万円(税別)/月、2人目以降5千円(税別)/月の料金が発生します。
通常、PR代(dai)行会(hui)社に依頼した場合に、PR代(dai)行や広報相談などで月額50万(wan)(wan)円(yuan)から100万(wan)(wan)円(yuan)以上(shang)かかるコスト負(fu)担を大幅(fu)に軽減することができます。

  • 利用方法:申し込みページ( )より申請後、当社で審査のうえIDを発行。
  • ユーザー対象:以下の課題を持つ広報担当や企業など
    –  これまでプレスリリースを配信しているだけだった
    – 記者のメールアドレスを知らないので情報提供できない
    – 記者とつながり取材してもらう方法がわからない
  • 支払い:請求書後払い、またはクレジット払い

会員プラン詳細

プレミアムプランの利用を希(xi)望の場合、会員ページにてフリープランからプレミアムプランへ変更すると、「記者リスト管理(クラウドメディアリスト機能(neng)(neng))」「広報(bao)サロン機能(neng)(neng)」「広報(bao)専門家への相(xiang)談」など有(you)料プラン特典が利用可能(neng)(neng)になります。

PRONE(プロネ)の主な機能

1. 記事ネタを探している記者に情報提供ができる

  • 無料のフリー会員は、大手メディア所属のキーマンとなる記者100名に、プレスリリースをはじめとした自社のニュースを無料で何度でも情報提供が可能
    (フリー会員がより多くのメディアへ配信したい場合、1回9,800円[税別]で約650メディアの中から300媒体ほどに一斉配信することもできる。)
  • プレミアム会員は、約650メディアの中から、主要メディアだけでなく都道府県別・業種別に細かく送り先を選定し一斉配信ができるプレスリリース配信機能が使い放題

2. プロネ所属の広報プロ達があなたの代わりに記事化を提案

  • 広報プロが毎週募集する「こんなネタありませんか?」にエントリーするだけで、企業の広報担当に代わって広報のプロがメディアへ提案してくれる、リリース配信にとどまらない形でPR強化ができ記事掲載が狙える

3. 全国の記者クラブ情報を簡単検索

  • 官公庁などに設置された記者クラブにプレスリリースを投函することで記者に情報が届くが、PRONE(プロネ)は全国に約500カ所存在する記者クラブを「官公庁」「都道府県」「業界団体」の3つのカテゴリー別に一覧表示、連絡先や投函方法など詳細が閲覧できる

4. クラウドメディアリストの利用が可能

  • 一度つながった記者の連絡先や、やり取り・反響などをメディアリストで管理。記者の興味や関心、情報を求めるタイミングが見える化できるため記者と良い関係を構築できる
  • また媒体研究の結果や、記事を読んでぜひ今後提案したいと思う記者情報もリストに追加することで一元管理が可能

▲記者情報ページ(一部)▲記者情報ページ(一部)

5. プレスリリースの作り方を学べる

  • 実際にメディア掲載につながったお手本となるプレスリリース好例を「新サービス提供」「業務提携」「調査リリース」など15種に分けて紹介、プレスリリースを作成する際の参考情報として活用できる

6. ダッシュボードで効果測定

  • PRONE(プロネ)上に投稿した情報がどのくらい読まれたのかなど、投稿に対してのアクションを定量的に把握し、広報活動の改善に活かすことが可能

7. 他社の広報担当とつながり、横のネットワークを強化

  • PRONE(プロネ)でプレスリリース等の情報を投稿する他社広報担当者とメッセージ機能を通じてつながることが可能、広報担当者同士のつながりを増やすことで、一緒に企画書を作成したり、記者を紹介しあったりなど広報活動の幅が広がる

8. 広報コミュニティ「PRONE広報サロン」へ参加可能

  • プレミアムプランの企業は、業界初の”Discord”を活用した広報・PR担当どうしの交流サロンに参加可能。最新のメディア情報や広報ノウハウに関する毎月の解説セミナーに参加しスキルアップができる

*関連プレスリリース:

 9.「広報の家庭教師」が1時間アドバイス(オプション1回5万円)

  • PRONE(プロネ)内で広報相談チケットの購入が可能
  • これまで10年間で200社近くの企業広報を支援してきた「広報の家庭教師」が、PR戦略策定や新情報の打ち出し方、ネタづくりなどの企画立案、プレスリリース原稿の確認など、1時間で広報に関するあらゆる相談に乗り、解決策を提示
【PRONE(プロネ)に関するお問い合わせ先】
  • PRONE カスタマーサポート E-mail: support@prone.jp

【参考】プロネ開発背景:広報活動の転換期

コロナの影響により対(dui)面(mian)業(ye)(ye)務が制限され、多くの企業(ye)(ye)がリモートワークを導入したことにより、記(ji)者(zhe)側の情報(bao)収集手段や取(qu)材スタイルも対(dui)面(mian)からオンラインが主流に変化しました。コロナ前は、記(ji)者(zhe)クラブへ訪問して名刺交(jiao)換(huan)をする、編(bian)集部へ電話(hua)をして記(ji)者(zhe)へコンタクトするなどのほか、取(qu)材や記(ji)者(zhe)向けイベントも対(dui)面(mian)が一般的(de)でした。コロナ禍(huo)で状(zhuang)況(kuang)は一変し、オンラインやSNS上で記(ji)者(zhe)と広報(bao)がつながる時(shi)代(dai)となり、今後(hou)の企業(ye)(ye)広報(bao)には、記(ji)者(zhe)とオンラインを通じて良好な関(guan)係を築くための仕組(zu)みや、広報(bao)業(ye)(ye)務もリモートワーク前提で場所や時(shi)間にとらわれず、オンライン上で実(shi)行できる環境が求められています。

そこで、10年にわたり広(guang)報・PRの家(jia)庭教師(shi)として200社以上(shang)の企業を支(zhi)援してきた当社の知見(jian)をもとに、オンライン上(shang)でプレスリリースの雛形探しから原稿作成(cheng)、全国の記(ji)者クラブ先(xian)やメディア送付先(xian)の選定と配信、記(ji)者リスト管理、専門家(jia)への相談まで、広(guang)報活(huo)動の全てが1つで完結する「オンライン広(guang)報サブスク」サービスの提供を2023年3月より開始しています。

株式会社シプード 会社概要

  • 会社名:株式会社シプード
  • HP:
  • 代表者:代表取締役 舩木芳雄・舩木真由美
  • 設立:2011年2月21日
  • 所在地:東京都中央区銀座1丁目12番4号 N&E BLD.6F
  • 資本金:1,000万円
  • 事業内容:
    企業向け広報・PR支援「広報・PRの家庭教師」事業
    オンライン広報サービス「PRONE(プロネ)」事業の開発・運営
    広報・PRの家庭教師「フランチャイズ」事業

「広報・PRの家庭教師」サービス概要

  • URL:

クライアント企(qi)業(ye)内の広報未経験人材を育成し、企(qi)業(ye)内に自(zi)走する広報組織(zhi)の立ち上(shang)げや、企(qi)業(ye)のIPOサポートを手がけている。これまで属人的に仕事が進むことが多かった広報・PR業(ye)界において初めて、業(ye)務(wu)を体系立てて整理し、見える化(hua)した点(dian)が特長。

業務をタスクまで分解し、クラウド上で進行(xing)管(guan)理しながらOJTでクライアント企業の広報・PR業務をサポートしている。サービス開始から9年でスタートアップ企業中心に170社以上の広報・PR担当(dang)者を育成。費用は月額30万円(yuan)から。

【PRONE(プロネ)に関するお問い合わせ先】
  • PRONE カスタマーサポート E-mail: support@prone.jp
【報道関係からのお問い合わせ先】
  • 株式会社シプード 広報 E-mail: pr@shipood.com

 

<以上(shang)>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲(jie)載(zai)(zai)されます。(掲(jie)載(zai)(zai)料は無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
  【VOIX biz 人(ren)気の記事】

無料でプレスリリースを成功させる方法とは
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
人気でおすすめのオンライン音楽教室 特集
イオンカードで映画を1000円で見る方法
起業直後におすすめのネットバンク法人口座開設 特集
年会費無料 法人カード 特集
中小企業におすすめの法人カード
副業におすすめのクレジットカード
法人カード最強の3枚
請求書カード払い 比較
初心者におすすめのクレジットカード 特集
年会費無料の最強クレジットカード 特集
クレジットカード ナンバーレス 特集
クレジットカード カードレス 特集
即日発行してすぐ使えるクレジットカードアプリ 特集
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”って本当?
イオンカード 入会キャンペーン
三井住友カードのお得な作り方~ナンバーレスキャンペーン 特集
JCBカード W キャンペーン
JCBカード S キャンペーン
JAカード キャンペーン
三井住友カード(NL)とナンバーレスの評判
三井住友カード(NL)とナンバーレスのデメリット
三井住友カード ビジネスオーナーズ 2枚持ちのメリット・デメリット

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者(zhe)様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ